Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

 

【本格的】折り紙の折り方講座‐立体的な「カエル」の折り方

 

こんにちは!カラクリジャパンライター世之介です!今日は日本の伝統文化・折り紙の折り方の紹介です。

今回紹介するのは「カエル」英語でFrog(フロッグ)ですね。

 

「立体的なカエル」の折り方を紹介

 

カエルの折り紙の折り方といえば、上の画像のようなものが一般的です。お尻の方を押すとバネの原理でぴょんっと飛ぶもの。僕も小さい頃よく折って遊んでいました。

折り紙なのにカエルのように跳びはねることができる、これはとても画期的なつくりなんですが、ちょっとリアリティに欠けますよね。子供にはぴったしの折り方なんですが、カラクリジャパンではもう少し本格的なカエルの折り方を紹介していきます!

 

04_カエル (1)

 

こちらが完成形です。どうですか?立体的ですごくリアリティがありますよね。

一見難しそうに見えますが、正しい折り方でしっかりと折っていくと、どなたでもこのようなカエルを折ることができます。

小さい頃に簡単なカエルを折ったことのある方も、そして折り紙をあまり折ったことのない方も、ぜひこの立体的なカエルの折り方にチャレンジしてみてください!

 

立体的なカエルの折り紙の折り方

 

 

それでは立体的なカエルの折り方を紹介していきます。動画だとさらに詳しく見ることができますので、ぜひご覧ください!

 

1.色のついた面で対角線に折り筋をつけ、裏返して縦横に折り筋をつける

 

無題

 

▲まず色のついた面で対角線に折り筋をつけます。

 

無題

 

▲次に裏返して縦横に折り筋をつけていきます。

 

2.対角線で半分に折り、ついている折り筋を使って広げてつぶすように折る

 

無題

 

▲対角線で半分に折り、ついている折り筋を使って広げてつぶすように折ります。反対側も同様に折っていきましょう。

ここまでは正方基本形といって、鶴などと折り方が同じです。

 

3.真ん中の線に合わせて折り筋をつけ、つけた折り筋で広げてつぶすように折る

 

無題

 

▲真ん中の線に合わせて折り筋をつけます。

 

無題

 

▲その後つけた折り筋で広げてつぶすように折ります。上の画像のようになれば正しく折れています。

 

4.下側で、中心に合わせて折り筋をつけ、ついている折り筋を使って広げてつぶすように折ります。

 

無題

 

▲下側で、中心に合わせて折り筋をつけていきます。

 

無題

 

▲次についている折り筋を使って、広げてつぶすように折ります。

 

無題

 

▲その後、画像のように折り返してください。

 

5.反対側と裏側の残り3か所も、同じように折る

 

無題

 

▲反対側と裏側の残り3か所も同じように折っていきます。4.の工程を凝り返して折っていきましょう。そうすると画像のようにダイヤの形になります。

 

6.折り返して、下から中心線に合わせて、半分に細く折る

 

無題

 

▲まずは画像のように折り返します。

 

無題

 

▲次に下から中心線に合わせて、半分に細く折っていきましょう。裏返して6.の工程を繰り返し折ります。

 

7.折り返して、また中心に合わせて半分に細く折ります

 

無題

 

▲まずは画像のように折り返します。

 

無題

 

▲その後中心線に合わせて半分に折っていきます。

残り1か所も同様に、折り返して、半分に折ります。

 

無題

 

▲画像のように折れていれば正しく折れています。

 

8.中割り折りで目いっぱい折り上げ、再び中割り折りをする

 

無題

 

▲中割り折りで目いっぱい折り上げ、再び中割り折をしていきます。これはカエルの前足になる部分ですね。もう少しです。頑張りましょう!

 

9.裏返して中割り折りをする。再度繰り返す。

 

無題

 

▲裏返して、中割り折りで後ろ足を作ります。前足と同じように再度中割り折りをします。

 

10.上の頂点の紙が集まっている部分を引っ張って膨らませる。

 

無題

 

▲上の頂点の紙が集まっている部分を引っ張って膨らませます。このとき無理に引っ張ると破れてしまうので注意してください。

 

無題

 

▲最後に形を整えて完成です!

 

いかがでしょうか?より本格的なカエルができました!

カエルはこのように立体的に折ることもできます。机に置いておくとなんだか癒されそうですね!簡単な折り方のカエルよりも愛着がわいてきます。

今回はちょっと難しかったかもしれませんが、これが折れれば、だいたいの折り紙は折れるはずです。ぜひ立体的なカエルの折り紙の折り方に挑戦してみてください!

 

カラクリジャパンでは他にもさまざまな折り紙の折り方の紹介をしています。

折り紙1枚あればなんでも作れちゃいますよ!ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか!?

それでは!

>>他の折り紙講座はこちらから

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn