Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

ただの書道じゃない!墨色文字で描く書道 – 「和」の紹介

 

こんにちは!カラクリジャパンライター世之介です!今日はカラクリジャパンでもおなじみ、色文字書道の書き方の紹介!

でも、今回の色文字書道はいつもとちょっと違うんです!

 

色文字書道ではなく墨色文字書道!?

 

今回も作品を披露してくれるのは色文字書道講師の西本賢さん。カラクリジャパンではいつも素晴らしい作品を描いてくれています!

 

Screen Shot 2016-07-14 at 16.12.01

 

これは色文字書道で描いた「遊」の作品。色鮮やかですごく綺麗ですよね!

 

しかし今回の作品は、なんと、ほとんど黒しか使いません!

 

「えぇ!それってただの書道と同じじゃないの!?」と思う方もいるかと思います。しかし、普通の書道の作品とは全くの別物です。

今日の作品はいつもの色文字書道とはちょっと違った感じです。一体どんな作品になるのでしょうか!?

 

今回西本さんが描くのは「和」

 

今回西本さんが書いてくれるのは「和」という文字です。日本を意味する「和」。和食、和風、和服。私たち日本人にとってとてもなじみ深い言葉ですね。

ちなみにカラクリジャパンでおなじみの筆ペン書道家・マリアさんも「和」という作品を書いています!こちらですね。

 

Screen Shot 2016-07-28 at 10.55.40

筆ペン書道家・マリアさんの作品「和」はこちらから

 

こちらは普通の書道と同じく黒一色で書かれています。しかし普通の書道とはまた違った美しさを感じます。

 

筆ペン書道で書かれた「和」と今回西本さんが書く色文字書道、もとい墨色文字書道で描く「和」、両方の作品を見比べてみるのも面白いかもしれません!

 

それでは、西本賢さんが書く墨色文字書道「和」の書き方を紹介します!

 

西本さんが書く墨色文字書道「和」の紹介

 

こちらでも書き方を紹介しますが、動画だとさらに詳しく見ることができます!ぜひご覧ください!

 

Screen Shot 2016-07-28 at 11.02.44

 

▲まずはいつも通り水でベース作り。いつもならこのベースの上に鮮やかな色が塗られていきます。しかし今日使うのは墨汁。普通の書道と一体どう違った作品になるのでしょうか!?

 

Screen Shot 2016-07-28 at 11.06.31

 

▲ベースのうえに黒を塗っていきます。塗っていくというよりかは色を落としていくかんじ。ベースの上を墨汁が勢いよく広がっていきます。

 

Screen Shot 2016-07-28 at 11.09.38

 

次に使った色はなんと銀色の顔彩。上の画像を見れば分かりますが、墨汁がベースの上をぶわーっと広がっていきます。いつも西本さんは色の拡散のために銀の顔彩をちょんと入れるそうですが、今回はしっかりと銀を使います。

 

Screen Shot 2016-07-28 at 11.17.13

 

▲「和」の文字全体に銀の顔彩を使っていきます。文字がどんどん美しくなっていきますね!

 

西本賢さん墨色文字書道「和」の完成!

 

Screen Shot 2016-07-28 at 11.21.31

 

墨色文字書道の作品「和」の完成!西本さん、今回も素晴らしいです!

 

墨の黒から感じる和の美しさ、そしてそれをさらに際立たせる銀の顔彩。普通の書道では絶対に表現することのできない作品です。

いつもの色文字書道も色鮮やかできれいですが、今回はまさに「和」の空気感をまとう美しい作品となりました。

 

それでは西本さんご本人の解説をみてみましょう。

 

西本さんご本人の解説

 

Screen Shot 2016-07-28 at 11.22.47

 

和と言って思い浮かぶのはやはり日本の伝統文化の1つであります、この書道というのもみなさん思い浮かぶでしょう。

和の書道といって思い浮かぶのは、やはり和紙に黒い文字で書かれて、赤い落款が押されている、という書道が一般的ではあると思います。

なんせ僕のやっていることは、なんて言うか型外れと言いますかあえて書道から外れて、西洋との融合を図ろうというようなことをやっております。

紙も洋画のものを使っておりますし、こうやって額に入れるというのも、日本ではあまり無い文化だと思うんです。

あえてその融合をしようとしているところで、「和か…黒い文字…和…色文字…」とこうループに陥っていたんですけど、あえて今回はちょっと挑戦をしてみました。

 

色文字の書き方、動画を見て頂くとわかると思うんですけど、透明な水の中にいろんな色をぽちょぽちょ垂らし込んでいくようなイメージだと思います­。

その色を、もちろん黒でいけばこうやって黒い雰囲気になるんですけど、

なんか普通に顔彩の黒を使ってしまってはなにかその和の空気感というのが少しちょっと洋に近づいてしまうような気がしましたの­で、

あえて今回は濃ゆい墨汁の黒を使ってみました。

あの動画見て頂くと、ちょんと入れた瞬間ぶあーんと黒が広がる感じがわかると思います­。

で最後に、僕は普段銀の顔彩を色の拡散のためにちょんと入れるんですね。

そしたらさらに黒がぶあーって広がっていくというそんな形を今回は表現してみました。

これを僕の中で「墨色文字」と名付けようかなと思って、今後また使っていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 

いつもの色文字書道とはまた違った良さがありましたね!この作品はまさに西本さんにしか描くことができません!そしてまた墨色文字書道が見たい!

西本さん、今回も素晴らしい作品をありがとうございました!

 

カラクリジャパンでは、西本さんの他の作品も見ることができます!どれも素晴らしいのでぜひご覧になってください!

そして、色文字書道は道具があればだれでも手軽に始めることができます!あなたが描いた作品は世界にたったひとつの作品になります!ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

 

それでは!

>>他の色文字書道作品を見る

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn