Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

【和菓子】5分でできる!白玉団子の作り方・レシピ 白玉ぜんざいも簡単にできる!

 

こんにちは!カラクリジャパンライター世之介です!

日本の伝統文化を紹介する当メディア・カラクリジャパン。今回紹介する伝統文化は「和菓子」です!

 

和菓子とは?

 

hinamatsuri-1235341_640

日本の伝統文化のひとつである「和菓子」。和菓子は海外から伝わってきた「洋菓子」に対して付けられた名称です。

和菓子の特徴は、洋菓子と比べて油脂や香辛料を使われることが少なく、その代わり穀類や豆類などの材料が使われます。そのため和菓子は洋菓子よりも健康に良いと言われています。

また、日本には昔から茶道が発展しており、日本茶との相性を考えられて作られているのも洋菓子との大きな違いです。和菓子はお茶うけにぴったりですよね。

 

 

見た目も美しく、季節感さえも表現する和菓子はまさに日本ならではのお菓子です。

 

白玉団子とは?

 

fcfs_zenzai_tp_v

 

白玉団子とは、もち米を粉にしたもので団子を作り、お湯で茹でたもののことを言います。

 

白玉団子は江戸時代にはすでにデザートとして楽しまれており、昔ながらの和菓子と言えます。バターやクリームなどの油脂を使って作る洋菓子に対して、水であんばいを取る和菓子。団子はその中でも最たるもの。

和菓子の代表とも言える団子の中で、最も簡単に作れるのが「白玉団子」です。

白玉団子は少ない材料で誰でも簡単にできます。

 

ちょっと小腹が空いた時にパッと作ったり、小さな子どもと一緒に楽しく作るのもいいですね。

 

それでは白玉団子の作り方を紹介していきます!

 

5分でできる!白玉団子の作り方・レシピ

 

pa164414_mini

 

白玉団子は白玉粉と水だけで出来ちゃいます!お好みできな粉や黒蜜、あんこなどをご用意して楽しんで下さい。

 

1.白玉粉に水を加え、こねていく

 

pa164420_mini

 

▲まずは白玉粉をボールに移し、水を少しずつ加えながらこねていきます。「耳たぶぐらい」が柔らかさの目安です。

 

pa164426-copy-copy_mini

 

▲耳たぶほどの柔らかさになったら手のひらで転がして丸めます。画像のように真ん中をへこませると火が通りやすくなります。

 

2.沸騰したお湯の中に入れていく

 

 

pa164434_mini

 

▲沸騰したお湯の中に先ほどのこねた白玉団子をどんどん入れていきます。

 

3.団子が浮き上がって1〜2分したら白玉団子の出来上がり!

 

pa164441_mini

 

▲しばらくすると白玉団子が浮いてきます。

 

pa164442_mini

 

▲浮いてきて1〜2分位したら白玉団子を冷水にとって冷まして完成です!

 

pa164446_mini

 

▲この通りぷるんとした白玉団子ができます。白玉団子は実はこんなに簡単に、しかも驚くほどあっという間に出来ちゃいます!

 

自分の好みの味で白玉を食べよう!ぜんざいがおすすめ!

 

もちもちとした食感の美味しい白玉団子ですが、白玉そのままでは味がありません。なので自分の好みの食べ方で美味しく食べましょう!

他にもフルーツポンチやあんみつに入れるのも美味しそうです。皆さんはどんな食べ方が好みですか?

 

白玉団子は白玉粉さえあればいつでも誰でも簡単に作ることのできる和菓子です。ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください!

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn