Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

大島紬とは?よくわかる!大島紬の伝統柄について

 

こんにちは。カラクリジャパンライターのメドウです。

日本人ならば、一度は着物に袖を通したことがありますよね?

今回は着物について詳しくない人でも、一度は耳にしたことがある「大島紬」について紹介します。

大島紬の良さを知っている人も、そうでない人も、見たら欲しくなってしまう柄の画像も集めてみました。

 

 

大島紬とは?

 

ooshima

 

引用:http://www.tumugi.co.jp/tsumugi/oshimatsumugi.html

 

大島紬(おおしまつむぎ)は、鹿児島県の奄美大島の特産品です。

手で紡いだ絹糸を泥染めし、手で織った平織りの絹の布。

もしくはその絹の布で縫製した着物を指します。

大島紬はフランスのゴブラン織、ペルシャ絨毯と並ぶ、世界三大織物の一つといわれています。

日本が誇る最高の絹織物ですね。

大島紬の歴史は1300年といわれています。

江戸時代の浮世草子作家、井原西鶴の「好色盛哀記」という作品には

「黒羽二重に三寸紋、紬大島長羽織」

と、当時の粋人たちの装いが記され、高く評価されていたことがうかがえます。

 

 

大島紬の柄について

 

variety

 

引用:http://www.tumugi.co.jp/tsumugi/variety.html

 

大島紬の柄のモチーフは主に自然の草花です。

時代のニーズや技術の進化により、現在では多種多様な柄があります。

 

 

大島紬の伝統柄

 

column01_10

 

引用:http://kimono-salone.com/backstage/column01/

 

大島紬の柄は、当初琉球絣の流れを受け継いでいました。

明治末期に締機(しめばた)が開発されたのをきっかけに、独自の柄がデザインされるようになったのです。

自然や身近な暮らしをモチーフにしたデザインが多く生み出され、変化していきました。

今日でも残されている柄のうち、名称のはっきりしているものが「伝統柄」と呼ばれています。

 

亀甲

 

20120319_552b18

 

引用:http://warakuya.ocnk.net/product/2565

 

文字通り、亀の甲羅のような形ですね。

 

西郷

 

image4

 

引用:http://www5a.biglobe.ne.jp/~f-fumoto/fumoto-tumgi.html

 

四角のモチーフが印象的です。

 

日米

 

12181738_52b15f101b62e

引用:https://www.motoji.co.jp/netshop/products/detail.php?product_id=11199

 

「日」と「米」が浮かび上がっていますね。

 

精華

 

78000617_o1

 

引用:http://www.amami-arishima.com/?pid=78000617

 

花がモチーフの柄です。かわいらしいですね。

 

秋名バラ

 

img_5319

 

引用:http://w-1raku.ocnk.net/product/1483

 

秋名バラの「バラ」は琉球の言葉で「ザル」を意味します。

琉球の支配下にあった時代に、東シナ海に面した秋名(あきな)地区で編まれていた「サンバラ」と呼ばれる竹製のザルをモチーフにして作られた柄です。

 

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn