Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

【津軽五代民謡】翁英八郎さんによる三味線演奏「津軽あいや節(陰調)」を紹介!

 

こんにちは!カラクリジャンライター世之介です!

今回は日本の伝統楽器・三味線の美しい演奏を紹介!三味線にしか奏でることのできない、美しい演奏をどうぞお聴きください!

 

「津軽あいや節」とは?

 

今回紹介する「津軽あいや節」は津軽五代民謡のうちの一曲。

津軽五大民謡とは青森の西部・津軽地方で昔から歌い継がれてきた歌で、全国の民謡の中でも特に人気なんです!

津軽民謡の特徴は歌のみならず民謡に楽器や踊りが入っているところ。津軽三味線はもちろん、太鼓や踊りなど様々な要素が入っています。津軽民謡の人気のひとつはここにあるんですね。

 

今回紹介する「津軽あいや節」は熊本県の「牛深ハイヤ節」という民謡から派生したと言われています。

昔、熊本に住んでいた人たちが全国の港を回ってこの歌を伝えたと言われていて、青森に伝わった際に「ハイヤ」→「あいや」となったんですね。

 

今回演奏するのはあいや節の「陰調」

 

津軽あいや節はテンポが良く明るい曲調がこの民謡の特徴で、もともとは酒盛りの場で歌われていたそうです。

カラクリジャパンでも以前あいや節の演奏を紹介しました。

 

今回紹介するのはあいや節の「陰調」と呼ばれるもので、普通の明るい津軽あいや節と違い、音が低くどちらかといえば暗い印象を持つような曲です。

陰調は「〜半音下げ」と呼ばれることもあり、音が低い分、メロディーも暗く感じるんですね。

通常と陰調の2曲を聴き比べてみるのも面白いはずですよ!

 

演奏者は翁英八郎さん

 

6q4a2922

 

演奏者はカラクリジャパンでもおなじみ翁英八郎(おきなえいはちろう)さんです。

翁さんは三味線のプロの演奏家として活躍されていて、数々の大会でチャンピオンや優秀賞を獲得しています。まさに日本を代表する三味線演奏家と言っても過言ではありません!

>>翁英八郎さんの詳しいプロフィールを見る

 

毎回素晴らしい演奏を見せてくれる翁さん。今回は一体どんな演奏を見せてくれるのでしょうか!?

 

プロの三味線演奏家・翁英八郎さんによる演奏「津軽あいや節(陰)」の紹介!

 

それではお待たせしました!プロの演奏家・翁英八郎さんによる三味線演奏「津軽あいや節(陰)」をお聴きください!

 

 

同じ民謡でも陰調になるだけで本当に曲の印象が違います。

個人的には、三味線が奏でる音色から、なんというか人間が持つ悲しい感情のようなものが伝わってきました。いつの間にかじっくり聞き入ってしまうような、不思議な魅力を感じる曲です。これは是非とも聴き比べてほしい!

そしてやはり翁さんの演奏は素晴らしいです!とても気持ちの入った三味線演奏でした。さすがです!

翁さん、今回も素晴らしい演奏をありがとうございました!次回も楽しみにしています!

 

カラクリジャパンでは翁さんの他の演奏も紹介しています。いろいろな演奏を聴いて自分の好きな曲を見つけるのもいいですね!どの曲も素晴らしいのでぜひとも聴いてみてください!

>>翁さんの他の三味線演奏を聴く

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn