Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

2017年節分はいつ?恵方巻きの由来と食べ方のルールは?

 

こんにちは。カラクリジャパンライターのメドウです。

 

2月に入るとすぐに節分ですね。

 

節分に恵方巻きを食べるという人も多いのではないでしょうか。

恵方巻きはいつごろ、どこで生まれ、どうして節分に食べられるようになったのでしょうか?

また、2017年の節分はいつで、どんな風に恵方巻きを食べるのが正しいのでしょう?

 

今回は謎の多い恵方巻きの由来と食べ方のルールを詳しくお伝えします。

 

 

今年の節分は?

 

 

foko4dpxamq-eric-rothermel

 

 

今年の節分の日にちについてですが、2月3日です。

節分は立春の前日を指します。

旧暦では立春が1年の始まりだったため、節分は大晦日と同じように考えられていました。

 

意外と知られていないのですが、節分の日は立春の前日なので、本当は毎年2月3日とは決まっていません。

年によっては2月2日になったり、2月4日になったりするのです。

 

節分の日には、鬼に豆を投げて家から追い出し悪い気を払う、豆まきの習慣もありますね。

家族みんなが病気などの災いにあわないようにするための行事なので、夕食には恵方巻きを食べる前に、忘れずに豆まきもしましょう。

 

 

恵方巻きの由来は?

 

 

 

 

恵方巻きの由来には様々な説があります。

江戸時代から明治時代にかけて、大阪の花街で行われた節分のお祝いとする説。

大阪・船場の商人たちが商売繁盛を祈願して食べたのを始まりとする説などがありますが、どの説が本当かはわかっていません。

 

記録としては、次のような文章があります。

 

「美登里鮓の久保登一氏の返事に、節分に巻きずしを食べる風は大正初めにはすでにあった。おもに花街で行われ、ちょうど新こうこうが漬かる時期なので、その香の物を芯に巻いたノリ巻を、切らずに全のまま恵方のほうへ向いて食べる由」

引用:すし研究者・篠田統の著書『すしの本』(柴田書店1970年)

 

少なくとも大正時代初期には、大阪の花街で恵方巻きと思われるものが食べられていた可能性があります。

 

 

 

恵方巻きは2月しか食べない?

 

24165531483_446425f5fd_b
photo credit: sprmrbrs41 20160203-P2030091.jpg via photopin (license)

 

節分と言えば、2月の立春の前日を通常は指します。

しかし、元々は四季の始まりである立春、立夏、立秋、立冬の前日はすべて節分なのです。

 

節分が年に4回あることから一部のお店では「夏の恵方巻き」や「秋の恵方巻き」といったものが、2月ではない時期に販売されています。

 

恵方巻きのところで引用した文章には「香の物が漬かる時期」と書かれているので、2月以外の恵方巻きはお店の販売戦略によるものと考えられます。

 

 

恵方巻きの食べ方は?丸かぶりにルールはあるの?

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

 

恵方巻きの食べ方にルールがあることは、知っている人も多いと思います。

せっかく食べるのですから、ちゃんと縁起を担げるように食べたいですね。

恵方巻の食べ方のルールを知って、節分当日、堂々と丸かぶりをしてくださいね。

 

恵方巻きを食べるときは

 

その年の恵方を向きます。2017年は北北西です。

恵方についてはこちら⇒恵方巻き、2017年の方角は?恵方はどうやって決めているの?

 

太巻き1本を一気に食べきります。※切り分けてはいけません。

 

食べ終わるまでは、無言で食べ続けるのが正しい食べ方です。

 

恵方巻きを切るのは縁起が悪いってホント?

 

 

1024px-Various_cooking_knives_-_Kyocera,_Henckels,_Mac,_Wiltshire

 

福を呼ぶ風習ですが、太巻きを丸かぶりするのは行儀が悪いと、ためらってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

だからと言って、切ってしまうのは縁起が悪いかも?と思ってしまいますよね。

 

確かに恵方巻きは、長い太巻きを食べることで縁起を担ぐ食べ物です。

恵方巻きの具材は福を招く縁起の良い素材を使っているので、ぶつ切りにすると、福や縁が切れてしまいそうな気もしてしまいますね。

 

切り分ける勇気がないなら、食べやすい細巻きや中太巻きを選んでも大丈夫です。

 

 

恵方巻きは太巻きじゃなきゃダメ?

 

4327039379_3e31d38281_b
photo credit: matsuyuki Nori-roll sushi via photopin (license)

 

恵方巻きの太巻きのなかには、鬼の金棒をイメージしているとうたっているものもあります。

 

しかし、実際には関西圏の文化が関係しているようです。 「巻き寿司」と言えば、関西では「太巻き」を指すのですが、関東では「海苔巻き」を指します。 しかも「海苔巻き」は、太さによって「細巻き」「中巻き」「太巻き」とそれぞれ、呼び方が変わります。

 

関西では「細巻き」や「中巻き」を食べる文化そのものが、なじみのないものなのです。

 

恵方巻きの由来にはいろいろな説があるのですが、由来のところで引用したとおり、最初はお新香巻きを食べるという習慣だったと考えられます。

 

お新香巻きと言えば、関東では細巻きのお寿司ですよね。

 

恵方巻きも最近では様々な種類や太さ、長さのものが売られています。

 

太巻きを1本食べるのが難しい子どもの分は、丸かぶりしやすい細巻きの恵方巻きを準備してあげましょう。

 

カラクリジャパンは日本の伝統技術について発信を続けていきます!

 

b10b27376dfbef6918591ab8d0401ed9_s

 

日本では、世界に誇る良き伝統が継がれることなく、消えていっています。

 

日本のすばらしい伝統技術を守るために、私たちができること。

それは、少しでも多くの日本の伝統文化や技術について、関心を持つことです。

 

当メディア、カラクリジャパンでは日本の伝統文化や技術について、発信を続けていきます。

 

日本伝統の技術である折り紙、新しい伝統を切り開こうとする筆ペン書道や色文字書道、寿司など。

 

これからも日本の魅力である伝統技術を紹介して参ります。

 

ぜひご覧ください。

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn