Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

和楽器バンドが最高にカッコいい!名曲・千本桜やメンバーを紹介!

 

こんにちは!カラクリジャパンライター世之介です!

日々様々な日本の伝統文化を紹介している当メディア。本日紹介するのは、日本伝統の「和楽器」を主に構成された「和楽器バンド」の魅力です!和楽器の魅力を「今のカタチ」で感じることができますよ!

 

今話題の和楽器バンドとは?

 

 

日本のみならず、世界中から注目を集めている、今話題の「和楽器バンド」

和楽器バンドは・・・

・尺八

・箏

・三味線

・和太鼓

の4つの和楽器とギター、ベース、ドラムの合わせて7つの楽器、そして詩吟がボーカルを担当するという構成

今の時代にバンド構成に和楽器が入っているのがとても面白いです!歴史ある和楽器を中心にバンド構成する新しい試み、これは注目せざるおえません。

 

和楽器バンドの人気がすごい!

 

和楽器バンドのすごいところはただの話題で終わらないところ。今や和楽器バンドは国内のみならず世界中で人気を集めています。

まずYouTubeの再生回数。和楽器バンドの名曲「千本桜」の再生回数はなんと5500万回を超えています。(2017年2月現在)。どんなに有名な国内のアーティストでもここまでの再生回数を誇るアーティストはなかなかいません。

また2015年には、第57回「輝く! 日本レコード大賞 企画賞」を受賞。海外での活動も盛んで、アメリカやヨーロッパなど世界中で活躍しています。

 

もともとこの和楽器バンドが結成された理由は「伝統芸能をよりポップに世界へ広げたい」という和楽器バンドのボーカル・鈴華ゆう子さんの思いがあったからだそうです。

和楽器バンドの存在によって日本が誇る和楽器、箏や三味線、尺八、和太鼓の魅力が世界各国に伝わっているはず。日本人としてなんだか誇らしいですね。

 

和楽器バンドの名曲「千本桜」が最高にかっこいい!

 

それでは和楽器バンドの人気曲を紹介していきます。まずは和楽器バンドの名曲「千本桜」。再生回数が5500万回を超えた爆発的な人気を誇る名曲です。

 

 

いやぁ、最高にかっこいいですね。前奏の和楽器のみの演奏から、他の楽器の演奏が合わさるところがたまりません!

 

続いて「起死回生」。和太鼓の迫力と尺八の美しい音色が印象的!

 

 

 

こちらは「脳漿炸裂(のうしょうさくれつ)ガール」。50秒あたりから演奏が始まります。アップテンポがクセになる和楽器バンドの人気曲です。

 

 

 

今後も和楽器バンドから目が離せない!

 

いやぁ、もう「かっこいい」の一言に尽きますね。和楽器バンドの楽曲は伝統ある和楽器の新しい魅力を発見させてくれます。

日本の伝統文化はとても魅力的なところがたくさんあります。しかし、時代の流れ的にどうしても敷居が高く、また古く感じてしまいます。

しかし和楽器バンドは和楽器の本来の魅力を残しながらも、今のカタチでたくさんの人に伝えていく。だからこそ国内外で高い人気を得たのだと思います。今後も和楽器バンドの活躍から目が離せませんね。

 

カラクリジャパンでは日本を代表する演奏家・翁英八郎(おきなえいはちろう)さんによる津軽三味線の演奏を紹介しています。どの演奏も素晴らしいのでぜひともご覧ください!

>>翁英八郎さんの津軽三味線映像を見る

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn