Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

東京の桜の名所、人ごみ苦手でも安心のゆっくり見られる穴場は?

 

こんにちは。カラクリジャパンライターのメドウです。

 

毎年、お花見シーズンになると、大人数で集まってにぎやかにお花見をする姿を見かけますね。

 

みんなでわいわい楽しむのも良いけれど、静かに桜を楽しみたい。

桜の名所に行って見たいけれど、人ごみが苦手。

 

実はそういう方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、東京の桜の名所のうち、比較的人が少なく、静かにゆっくり桜を楽しめる穴場スポットを紹介します!

 

国立劇場

 

18224501120_f4a5252fb0_b
photo credit: Nemo’s great uncle #2264 weeping cherry (シダレザクラ) and National Theater via photopin (license)

 

千代田区の桜の名所と言えば、千鳥ヶ淵緑道や桜の開花標準木のある靖国神社が有名ですね。

 

どちらも人気の桜の名所です。特に、千鳥ヶ淵緑道は毎年100万人が訪れるほどの人出。

何度か足を運びましたが、人ごみがすごすぎて、人とはぐれやすいですし、本当に消耗します。

 

わざわざ足を運ぶならば、千鳥ヶ淵から少し足を伸ばして、国立劇場に行くことをおすすめします!

 

国立劇場の前庭では、スルガコマチ (駿河小町)やジンダイアケボノ (神代曙)などの珍しい桜を含め、10品種が植えられています。

しかも、3月の最後の週にはさくらまつりが開催され、床几と野点傘のあるお休み処で、ほうじ茶を無料でいただくことができるんです!

いろいろな桜を近くでゆっくりと眺めながら、ほっこりできるのはうれしいですね。

 

さくらまつり期間中の週末には、大劇場のロビーが開放され、太神楽が上演される日もあります。

 

 

東京学芸大学小金井キャンパス

 

img019

引用:http://www.u-gakugei.ac.jp/~ohkuma/page009.html

 

小金井市も桜の名所としてよく知られています。

そのなかでも穴場と言えるのが、東京学芸大学小金井キャンパスです。

 

「大学の構内なんて、勝手に入れないんじゃないの?」って思いますよね。

学芸大の構内は一般公開されているので、誰でも気軽に入れます。

 

大学の正門を入ると、桜並木が目に入ります。

この桜並木、1本1本が見事な枝ぶりでの大木で、200mほど続いています。

まるで卒業、入学シーズンを祝う桜のトンネルのよう。

 

数種類植えられている桜は、開花時期がずれているので、比較的長い期間お花見を楽しむことができます。

 

夜にはライトアップまでされます!

夜は人出が増えるので、ゆっくり見たい人は昼間がおすすめです。

 

 

練馬高野台付近の石神井川

 

p_057

引用:http://www.nerima-kanko.jp/files/100sen/100sen_057.html

 

練馬区でお花見の名所と言えば、石神井公園が有名です。

石神井公園ではソメイヨシノを中心に350本の桜を見ることができるのですが、例年、5万人の人出があります。

 

その石神井公園からひと駅、練馬高野台まで足を伸ばすと…

石神井川の両岸に桜並木が続く、美しい景色を見ることができます。

 

ここの桜並木は川の水面の方、下へ向かってダイナミックに枝を伸ばしています。

川の上にできた桜のトンネルを、橋の上からゆっくりお花見できるめずらしいスポットです。

 

 

 

隅田川テラス

 

s_hanabi17-3

引用:http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2015/04/post-2358.html

 

「お花見はしたいけれど、小さい子どもがいるから、人の多いところはちょっと…」という人におすすめなのが、隅田川テラスです。

 

足元が整備されているので、ベビーカーを押しながら、ゆっくりお花見散歩ができます。

テラス沿いに芝生や公園もあるので、子どもを遊ばせることもできますよ。

 

スタート地点は、門前仲町駅と水天宮前駅からアクセスのいい「永代橋」がおすすめ。

 

上流に向かえば、桜の名所として知られる隅田公園があります。

東京スカイツリーと桜一緒に写真に撮りたい場合は、上流に行きましょう。

 

隅田川沿いに桜並木を楽しめるのはもちろん、川にかかる大きな橋とスカイツリーが眺められ、都会の景色が楽しめます。

 

永代橋から下流に向かうと、石川島の高層マンションが建ちならんでいます。

マンションの足元にある石川島公園に桜が植えられているので、満開になると、遠くからでもピンク色の一帯を確認できます。

 

さらに足をのばせば、聖路加ガーデンがあります。

ここにも桜の木が多く植えられているので、お花見シーズンにはカメラを持った観光客も訪れます。

隅田公園ほどは人がいないので、より静かにお花見を楽しみたい人にぴったりの場所ですね。

 

東京でもゆっくり見られる桜の名所はあります!

 

laura-lefurgey-smith-26872

 

いかがだったでしょうか?

東京にはまだまだ穴場の桜の名所があります。

お出かけのときは、出先に桜の名所がないかチェックしてみてくださいね。

近くにゆっくりお花見ができる穴場が見つかるかもしれませんよ。

 

桜の東京の満開の時期はこちらをご確認ください。

お花見、東京のベスト時期は4月上旬?桜が満開になる場所は?

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn