Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

吉野山の桜、開花状況を知る方法!気になる開花予想と見頃は?

 

こんにちは。カラクリジャパンライターのメドウです。

日本でいちばん桜をたくさん見られるお花見スポットはどこかご存知でしょうか?

 

 

それは奈良県の吉野山です。

 

吉野山は、古くから信仰の山、修験道の霊場として知られています。

世界遺産にも指定されている山全体は、春になると、桜色に染まります!

 

お花見スポットとしても知られている、吉野山について、見どころや桜の開花状況を知る方法、見頃についてご紹介します。

 

吉野山の桜

 


photo credit: reggiepen Sakura Mountain Road via photopin (license)

 

吉野山の桜には歴史があります。

1300年も前から「ご神木」として、人々の信仰の対象となってきた桜。

手厚く保護されてきた結果、吉野山にはおよそ200種類、3万本の桜が自生しています。

世界でも他に見ることのない数の桜が競い合うように咲き、山全体桜色に染めている様子は、圧巻です!

ヤマザクラを中心に、豪華に美しく密集して桜が咲くことから、ひと目で1000本見える=「一目千本」、「千本桜」と呼ばれています。

 

名の知られた桜も多数見られます。

 

桜の開花に合わせ、ライトアップも行われます。

昼間とはまたちがった趣のある夜桜を楽しむことができますね。

 

 

吉野山の桜、見所は?

 

吉野山は南北およそ6キロの山岳地帯全体を指します。

ふもとから、下千本(しもせんぼん)、中千本(なかせんぼん)、上千本(かみせんぼん)、奥千本(おくせんぼん)という地名で呼ばれています。

 

桜は標高の低い下千本エリアから咲き始め、次第に山頂方面へと桜色のエリアを広げていきます。

 

山の下から色づく桜のグラデーションも、私たちの目を楽しませてくれます。

 

上千本エリア

 

25787358363_ea9a1ec325_b
photo credit: coniferconifer Mt.Yoshinoyama via photopin (license)

 

標高およそ370mから600mのエリア。

吉野山の桜を大パノラマで眺められるポイントが多くあります。

なかでもおすすめなのは、花矢倉展望台。

上千本、中千本を中心に、桜色に染まった吉野山全体を眺めることができます。

 

急な坂道が続きますが、吉野山の玄関口にある「下千本駐車場」から徒歩1時間ほど。

中千本を過ぎるとあたりは静けさを増し、鳥の鳴く声も聞こえてきます。

竹林院や桜本坊といった修験道ゆかりのお寺もあり、散策にぴったりです。

 

夜間はライトアップもあるので、神秘的な夜桜が見られますね。

 

 

中千本エリア

 


photo credit: deep.deepblue 吉野山中千本 via photopin (license)

 

標高約350mから370mのエリアです。

吉野山の中腹ほどにあり、修験道の開祖として歴史上に名を残す、役小角(えんのおずぬ)が開いたと言われる金峯山寺(きんぷせんじ)があります。

 

桜を見るおすすめの場所は、世界遺産にも指定されている吉水神社。

太閤・豊富秀吉も、吉水神社でお花見していたと伝えられています。

如意輪寺方面へ向かって、中千本の谷を眺めれば「一目千本」と賞賛される桜色の景色を眺めることができます。

 

他にも東南院のシダレザクラ、太平記で知られる如意輪寺周辺の桜も要チェックです。

 

下千本エリア

 

20140409100329-1_l

引用:http://www.yoshinoyama-sakura.jp/?p=36

 

吉野山の入口のエリアです。

吉野山のなかで、早くから桜が開花するところでもあります。

標高およそ230mから350mほどなので、最寄りの近鉄南大阪線・吉野駅から徒歩での散策がおすすめです。

 

桜がよく見えるのは、吉野山ロープウェイの脇を上ったところにある七曲り坂。

坂を上りきって、吉野神宮方面に向かったところにある下千本展望所。

この2か所からの光景も「一目千本」。

下千本展望所には、毎年テレビのお天気カメラも設置されるほどの景色です。

夜はライトアップもされます。

 

足をのばして、世界遺産にも指定されている蔵王堂も訪れたいところ。

 

 

吉野山の桜、見頃はいつ?例年の開花予想は?

 

如意輪寺の桜_吉野町吉野山_Cherry_trees_of_Nyoirinji_2010.4.08_-_panoramio

 

吉野山の桜、見頃は4月上旬から下旬までになります。

見頃が長いのは、下千本、中千本、上千本、奥千本の順に、山のふもとから山の上に向かって開花していくからです。

 

統計を見てみると、平年の開花は下千本が3月29日から4月1日のあいだ。

上千本が4月2日頃です。

 

「一目千本」になる時期は、中千本が見頃を迎える4月12日ごろを目安にするといいでしょう。

 

 

吉野山の桜、開花状況を知るにはライブカメラで!

 

NCS2017033013000000

引用:http://www.sizenken.biodic.go.jp/view.php

 

これから次々と桜の開花宣言が聞こえてくるかとは思います。 しかし、地元でもないかぎり、桜の開花状況を正確に知るのは難しいですよね。

 

ネットだけではわかりづらい桜の開花状況を知るいい方法があります!

 

それはライブカメラで目視確認すること!

 

写真は2017年3月30日13時の吉野山のライブカメラの画像です。

 

こちらのサイトから見ることができます。

環境省 自然環境局 生物多様性センター インターネット自然研究所

 

ライブカメラで見頃を確認できるのは、とてもうれしいですよね。

 

現地のお天気もわかるので、本当に助かります!

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn