Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

【職人巡り旅】伝統技で温もりある頑丈な逸品を作る金網職人蔦勇作さん

 

こんにちは。カラクリジャパンライターの梅グミです。

 

巡り人のこまのさんが日本全国を旅して、伝統技術の職人さんにインタビュー【職人巡り旅】。

 

今回は、金網職人の蔦(つた)勇作さんです。

 

現在、金網と言えば、海外で機械生産されたステンレス製のものをよく見かけます。

そんな金網、昭和の半ばまでは、国内で手作業で作られていたことをご存知でしょうか?

 

今では数少なくなってしまった金網職人。

そのひとりが蔦さんです。

 

ある雨の日のこと。

こまのさんはお話をうかがいに、作業場のある蔦さんの自宅のガレージを訪ねました。

 

金網職人はどんなものを作っている?

 

DSC00504

 

こまのさん
金網職人ってどんなものを作っているんですか?

蔦さん
針金で編めるものなら、どんな形のものでも作れます。

 

蔦さんは、鉄やステンレス、銅などでできた針金を使って、金網を編む職人さんです。

 

台所に欠かせない調理用のかごやお餅を焼く網はもちろん、メッキ工場で使われる業務用の特殊なかごまで、どんな形でも作ってしまいます。

 

父から針金を編む手ほどきを受け、家業を引き継ぎ2代目に

 

DSC00517

 

こまのさん
金網職人になったきっかけはなんですか?
蔦さん
お父さんが金網職人だったから。

 

蔦さんは小学校高学年頃から家業を手伝い始め、高校卒業後、すぐに先代の父親のもとで修行をスタートさせました。

 

蔦さん
いまは88歳。金網一筋70年以上になります。

 

先代であるお父さんの技術を、息子である蔦さんは尊敬しています。

 

蔦さん
お父さんは下書きの図面なしでもきっちり作ることができた。 お父さんの作った金網を何枚か重ねると、模様もぴったり重なる。

 

そんなお父さんですが、蔦さんにはつきっきりで金網の技術を教えることはしませんでした。

 

蔦さん
金網の技術は自分で学び取るしかなかった。

 

手の込んだ金網の模様は自ら考案。伝統模様がヒント

 

DSC00523

 

蔦さんは洗練されたおしゃれな金網も作っています。

 

金網は亀の甲の模様が一般的なのですが、伝統の模様である「麻の葉」や「矢羽」など、金網では見たことがない模様も、ひとつひとつていねいに手で編んで作っているんです!

 

頑丈さを備えた伝統技の金網は、機械製品には出せない温もりが魅力

 

DSC00506

 

蔦さんは、針金を曲げる、切る、溶接する、編むといった、金網製造の工程をすべてひとりでこなしています。

 

蔦さん
機械では、手作業の仕上がりの良さと温もりを出せません。

 

編む時は、木の板に完成予定の金網の製図をはります。

 

DSC00514

 

その上から、職人人生をともにした年季の入った器具を使って丸く加工した、 太めの針金をはめていきます。

 

DSC00515

 

枠になる太めの丸い針金に、細い針金を編み込んで行きます。

 

DSC00501

 

いちばん簡単な亀甲模様の編み込み作業は20分で完成。

 

DSC00522

 

難しい「七宝つながり」は2日かかるものもあるそうです。

 

蔦さん
細かいところは難しい。

 

 

伝統技術のコラボレーションで、現代の生活にマッチしたものづくり

 

DSC00527

 

蔦さんの工夫は、模様だけではありません。

 

品川の伝統工芸職人とコラボレーションで作品を制作したり、職人技の実演やイベントにも登場されたりしています。

 

最近は、体が弱く、病気で伝統工芸のイベントを休んだこともあるそうです。

 

蔦さん
職人としてはもう引退しました。

 

大量生産で作られた安い金網を求める人が多いなか、蔦さんが大切に守ってきた伝統の技。

 

蔦さん
いつまでも残していただきたいです。

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn