Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

【職人巡り旅】伝統技を守り新しさを追究。手描き友禅作家成沢泰昭さん

 

こんにちは。カラクリジャパンライターの梅グミです。

 

巡り人のこまのさんが日本全国を旅して、伝統技術の職人さんにインタビュー【職人巡り旅】。

 

今回は、手描き友禅作家の成沢泰昭さんです。

 

成人式の振袖で見かけることの多かった友禅ですが、近年では、なんとインクジェットで柄を印刷したものや、海外製のものが半数を占めるのだとか。

 

ファストファッション化する着物業界に迎合することなく、伝統技術を守り抜いている友禅作家。

 

そんな成沢さんのお話をうかがいに、こまのさんは出かけました。

 

手描き友禅ってどんな技術だろう?

 

C0051T01

 

手描き友禅は江戸時代から伝わる職人技のひとつです。

筆や刷毛を使い、布地に染料と糊で絵画を描くように、模様を染めていきます。

手作業でひとつひとつ染めていくので、繊細な模様が表現でき、作家の個性あふれる作品が多いのが特徴です。

 

手描き友禅一筋に50年!日本が誇る伝統技術を父から受け継ぐ

 

DSC00676

 

友禅はいくつかの工程を経て、完成します。

友禅の職人は生地に染料を塗り込む「色差し」という工程だけを担当する場合が多いのです。

 

しかし、成沢さんが先代の父から受け継いだ東京手描友禅では、絵柄のデザインから、糊置き、色差し、地染め、糊を落とす「友禅流し」まで、すべての工程をひとりの作家が行います。

 

 

成沢さん
18歳から父親の元で修行し、手描き友禅一筋50年になります。

 

手描き友禅の制作工程。糊(のり)を落とす瞬間に技術が光を放つ

 

C0053T01

 

こまのさん
手描き友禅の制作工程をご紹介します。

 

 図案

 

自分の感じたことを、どうデザインするかをを構想します。

 

こまのさん
デザインはどんな風に思いつきますか?
成沢さん
自然や街の中にヒントがあるので、遊びに行きます。
こまのさん
どんなことをして遊ぶんですか!?
成沢さん
写真や山登り。若い頃は岩登りもしていたよ。

遊ぶことも仕事だね。

 

浮かんだデザインは何度も推敲を重ね、下絵の図案を決定。

微調整しながら、木炭で布と同じ大きさの紙に描きます。

 

下絵

 

紙の上に布を置き、下から光で照らし、トレースします。

フリーハンドで描く、失敗の許されない一発勝負です。

 

糊置き

 

糸目糊を使って下絵をトレースします。

 

成沢さんが使う糸目糊は、もち米を使った真糊を使用しています。

 

真糊は水で流すことができ、友禅流しの際に染料が落ちにくいので、環境に優しいそうです。

また、絵の輪郭が柔らかく、温もりのある模様に仕上がるのだとか。

 

小袖が普及した時代から使われている真糊は、もち米を炊き上げるなど、とても手間がかかります。

糊は天気や湿度によって変質しやすいので、毎日調整が必要です。

 

糊の質が友禅染めの仕上がりを大きく左右するので、豊富な経験と技術がないと、真糊を使って染めることはできません。

 

色差し

 

DSC00680

 

「色差し」という名のとおり、生地に染料をしっかり差すように柄を描きます。

色差しもまた一発勝負。緊張感のある作業です。

 

伏せ糊置き

 

地染めのとき、絵柄が染まらないように、糊を塗ってマスキングします。

 

地染め

 

平刷毛を使って、絵柄以外の地の部分を一気に染めていきます。

途中で手を止めたら、刷毛の跡が残ってしまい、絶対消せない致命的な失敗となるからです。

 

友禅流し

 

水洗いし、伏せ糊置きでマスキングした糊や余分な染料を落とします。

 

 

昔は川で行っていた作業です。

 

成沢さん
糸目糊を最後に落とすから、輪郭の部分が白く抜け、柔らかい雰囲気になるのが友禅の特徴。

 

 

何もないところからストーリーを構想。つねに新しいデザインを

 

C0057T01

 

成沢さん
デザインのこだわりは柄にストーリーやメッセージをのせること。

 

柄にする図案は、ストーリーのなかの、ある瞬間を切り取ったもの。

 

社会へ自然破壊について訴えるデザインならば、自然破壊そのものを描くのではなく、たくさんいたはずの蛍が3匹になってしまった瞬間を描いている。

 

ストーリーが転換する、前後のシーンを選んで描いているそう。

 

こまのさん
友禅って、花とか手まりみたいな伝統的な和柄だけだと思っていました。

 

C0054T01

 

こまのさん
クリオネとか猫もあるんですね。

 

成沢さん
技は伝統のものを、デザインはいつでも新しいものを。 徹底的にこだわりたい!

 

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn