Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

【職人巡り旅】色を大切に、伝統技法で輝きを作る七宝職人坂森登さん

 

こんにちは。カラクリジャパンライターの梅グミです。

 

今日は女性の多くが大好きなアクセサリーに関係のある職人さんです。

 

七宝ってご存知ですか?もしかしたら「やったことあるよ!」という方もいらっしゃるかもしれません。

私の母も七宝の講座に通って作ってくれたので、私もいくつか持っていました。

 

残念ながら、割れてしまって処分してしまったのですが、実は直せたのではないかというお話がインタビューから飛び出しました!

 

巡り人こまのさんも、思わずにっこりしてしまうほどきれいな七宝。

江戸時代から続く伝統技術を受け継ぐ七宝職人、坂森登さんにこまのさんがお話をうかがってきました。

 

七宝って?どんな伝統工芸技法なの?何が作れるの?

 

DSC00773

 

坂森さん
金、銀、銅などの基板の上に、ガラス質の釉薬(ゆうやく)をのせて、800度前後で焼いた工芸品です。

 

美しく豊富な色使いと、100年経っても色があせないところから、仏教では「7つの宝石」と例えられ、尊重されてきた七宝。

奈良にある正倉院に七宝鏡が所蔵品されるなど、古い歴史があります。

日本で本格的に作られるようになったのは江戸時代初期と伝えられています。

 

こまのさん
「七宝」と言えば、ブローチやペンダントなど、アクセサリが多いのですよね?
坂森さん
学校のクラスバッジなどの徽章(きしょう)や絵なども作りますよ。
こまのさん
七宝と他の焼き物のちがいはなんですか?
坂森さん
焼き物のなかで金属部分があるのが七宝。 他の焼き物と共通しているのは、硝子部分だけ。

 

陶器や磁器は、土や粘土を焼き上げて作ります。

それに対し、七宝は、素地や土台が「金・銀・銅などの金属」でできています。

 

坂森さん
七宝の釉薬は、他の普通のガラスとは異なり、何度でも焼き直しができます!

 

「京七宝」と「東京七宝」、家業を継いで2つの伝統技術をあやつる

 

DSC00831

 

こまのさん
この仕事をはじめてどれくらいですか?
坂森さん
大学卒業してから36年になります。

 

坂森さんは七宝職人の家に生まれ、父が始めた「坂森七宝工芸店」を継ぎました。

七宝には大きく分けると2つの製法があります。

1つは名古屋発祥の「有線七宝」。もう1つは有線七宝から派生してできた「メタル七宝(東京七宝)」です。

 

坂森さん
うちは東京の七宝と名古屋の七宝、両方やっています。

 

有線七宝は、型を使わず、細い銀線で描いた枠のなかに、釉薬で色を入れて焼いていきます。

完成した作品は1点もの。

ハンドメイドなので、全く同じものは作れません。

1か所に複数の色とぼかしを入れるため、技術が必要になってきます。

 

坂森さん
アクセサリーは10才くらいから始めてました。 アクセサリーは有線七宝でひとつひとつちがったものを作るので、そこで技術を身につけてきました。

 

メタル七宝は、釉薬を載せる基板を作る際、型を使います。

プレス機で同じ形のものをたくさん作り、ガラスの粉を焼き付けていきます。

 

メタル七宝のルーツは明治初期にできた勲章制度です。

日清、日露戦争などで叙位叙勲を受ける人が増加。

当時、勲章にカラフルな色をつけられる技術は七宝にしかなく、大量生産できる技術が開発されました。

 

坂森さん
有線七宝は一点ものを作る技術。メタル七宝は大量生産できる技術ですね。

 

色あざやかなガラスが美しい伝統工芸品「七宝」ができるまで

 

DSC00846

 

こまのさん
七宝の制作工程について、教えてください。

 

釉薬を作る

 

DSC00803

 

ガラスの粒に水をさし、上澄みを捨てる「こずる」という作業を繰り返して、ガラスの粒を細かくしていきます。

 

制作の手順

 

1. メタルを空焼き

 

焼くことで素地の油を落とします。

素地に油が付いていると釉薬を盛ることができません。

 

2. 酸洗いする

 

塩酸や硝酸などで洗い、素地の表面をきれいにします。

表面が汚いままだと発色が悪く、きれいな七宝に仕上がりません。

 

3. 一番盛り

 

DSC00817

 

七宝に欠かせない釉薬を竹のヘラを使って、のせていきます。

 

こまのさん
釉薬をのせるのは筆ではなく、竹のヘラなんですね。
坂森さん
はい。竹のヘラも自分で作っているんです。

 

DSC00808

 

坂森さん
大きく盛るときは大きいものを。用途によっていくつかの種類を使い分けています。

 

4. 一番焼き

 

DSC00837

 

800度の電気炉で焼いていきます。

釉薬の発色は温度で変わってくるので、作品の出来ばえを大きく左右する作業です。

 

5.酸洗い

 

3.〜5.を色の数だけ、繰り返します。

釉薬の種類により、きれいに発色する温度が微妙にことなるため、1色に対して1回焼くという工程を繰り返します。

 

6. 荒磨ぎ

 

DSC00848

 

 

七宝の表面にある釉薬を削り、模様が出るよう粗い砥石で磨いていきます。

 

7.仕上げ磨ぎ

 

丁寧に細かい砥石で磨いて仕上げます。

磨きが粗いとメッキするときにうまく仕上がりません。

反対に、磨き過ぎてしまうと、思うような発色が得られなくなります。

 

8. 仕上げ焼き

 

七宝職人の仕事はここまでです。

焼きあがった作品は、メッキ屋さんのもとでメッキ仕上げをし、完成!

 

こまのさん
プレスした銅板に絵の具をさして、焼いて、研磨をして、また焼くの繰り返しなんですね。

 

 

 

350色ひとつひとつをこだわって発色させるのが腕の見せどころ

 

DSC00812

こまのさん
メタル七宝で難しいところはどこですか?
坂森さん
釉薬ののせ具合と焼きで、同じ色を出し続けなければいけないところ。

 

釉薬に使う絵の具は約600色。

主に使うのは350色です。

たとえ1色だっとしても、色がきちんと出ていないと、他の色も出なくなってしまうそうです。

色によって焼く温度が少しずつちがっていて、高めの温度できれいに発色するもの、低めの温度できれいに色が出るものを見きわめる必要があるのだとか。

思ったような色を出すには高い技術が必要です。

 

坂森さん
ただ色が出ればいいというわけにはいかないんですよね。

 

 

七宝の需要は年々減少。七宝を身近に感じてもらいたい

 

DSC00854

 

全盛期の明治時代と比べると、現代では七宝の需要は高くありません。

カラフルな樹脂が安価に入手できるようになったため、七宝はコストに見合わなくなってしまったのです。

 

年々仕事も減り、東京七宝の伝統工芸士も3人しかいません。

後継者を雇うのもままならない、厳しい状況です。

 

坂森さん
七宝を身近に感じてもらえるように広めていきたいです。七宝を知ってもらえれば、買っていただく機会も増え、七宝業界にとってプラスになっていくと思うので。
こまのさん
七宝を広めるためにされていることはありますか?
坂森さん
中学生の体験教室を15年、大人の教室を30年くらいやっています。

 

中学生の体験教室では、こちらが考えないような発想をする子どもがいて、おもしろいそう。

大人の教室でも、生徒さんが自分でデザインを考え、作りたいものを自由に作ってもらっているのだとか。

 

こまのさん
坂森さんのお店では先代から七宝教室や材料販売を行っています。 足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

坂森七宝工芸店 http://sakamori-shippo.com/

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを