Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

天神祭花火の穴場スポットは?最寄り駅から楽にアクセスするには?

 

こんにちは。カラクリジャパンライターの梅グミです。

 

日本三大祭りのひとつとされている、大阪の天神祭。

祭りのフィナーレを飾るのが「天神祭奉納花火」です。

 

大川には繰り出されたおよそ100隻の船が灯すかがり火が、夜空には打ち上げられた花火が浮かび、会場は幻想的な雰囲気に包まれます。

 

今回は、天神祭の花火が見られる穴場スポットと、最寄り駅から楽にアクセスする方法をお伝えしていきますね。

 

伝統の天神祭。ここでしか見られない花火を見に行こう!

 

 

天神祭では、例年、オープニングに、菅原道真公ゆかりの「紅梅」という花火が打ち上げられます。

梅鉢の形に開く花火は、全国でもここでしか見ることができません。

 

ほかには、協賛企業の名前などが浮かび上がる、ユニークな文字の仕掛け花火が見どころです。

 

よく知られているのは、蚊取り線香で有名な「金鳥」のCM。

流れている「金鳥」の文字の花火は、天神祭の文字仕掛け花火の映像なんです。

ご存知でしたか?

 

 

 

天神祭奉納花火の日程は?何時から打ち上げスタートするの?

 

19378217973_2f21a8e19a_b
Photo credit: KeikoS.ryoko via Visual hunt / CC BY-SA

 

例年、7月25日の天神祭本宮に合わせて、天神祭奉納花火は行われます。

 

花火は、天神祭の「船渡御」のあと、19時30分頃から打ち上げが始まります。

 

2017年はおよそ5000発が21時頃まで打ち上げられる予定です。

 

荒天の場合は、残念ながら中止になり、順延はありません。

 

 

天神祭の花火、楽してゆったり見られる穴場スポットは?

 

20004415261_c1c45f9ee3_b
Photo credit: KeikoS.ryoko via Visualhunt / CC BY-SA

 

関西の花火大会の中でも、最も混むと言われる天神祭花火。

楽にゆっくり見られる穴場スポットはあるのでしょうか?

 

都島橋

 

1200px-Miyakojima-Bashi_Bridge_in_201409
By Mc681Own work, CC BY-SA 4.0, Link

 

天神祭の花火は、大川で打ち上げられます。

打ち上げ場所に近い橋の上は、花火がよく見えるのですが、混雑する人気スポットです。

 

都島橋は打ち上げ会場よりは少し離れているため、近くの源八橋よりほどは混雑しません。

 

ここからは、ライトアップされた大阪城も眺められるので、花火と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

この都島橋より北側の橋へ行くと、花火が見づらくなるので、要注意です。

 

 

川崎橋

 

l_kawasakibashi

引用:http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000069916.html

 

こちらも打ち上げ会場からは、少し離れます。

 

自転車と歩行者専用の橋なので、比較的落ち着いてゆっくり観覧できます。

 

公衆トイレがすぐそばにあるので、トイレが近い人にはうれしいですね。

 

この川崎橋より南側の橋からは、やはり花火が見づらくなるので、気をつけたいところです。

 

 

帝国ホテル

 

13651496345_f8a0df9170_bPhoto credit: MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito) via VisualHunt.com / CC BY

フランス料理を食べたあと、船渡御と奉納花火を特別観覧席で見られるプラン、 宿泊する部屋でルームサービスの夕食を楽しみながら、花火を観賞するプランがあります。

 

梅田「阪急32番街」レストラン 空庭Dining

 

mainimg

引用:http://hankyu32.hankyu.co.jp/access/

 

花火会場からは少し離れた、阪急グランドビルの27階から31階にあるレストランフロアです。

 

梅田駅、大阪駅からすぐのアクセスがうれしいですね。

 

カジュアルな雰囲気で、食事と花火を楽しむのにぴったりです。

 

地上100メートルをこえる高さから、花火を見られる席は限られているため、早めの予約がおすすめです。

 

 

金幣船チャーター運航

 

s-DSCF0630

引用:http://www.setsuyo.jp/tenjin/

 

天神祭のヤマ場である船渡御。

その船渡御の列に加わる金幣船に乗り、そのまま花火を観賞することができます。

船渡御を体験後、大川という最高のビューポイントで花火を見ながら、食事を楽しめます。

 

天神祭の花火、最寄り駅からのアクセスで混雑を回避するには?

 

people-692005_1280

 

天神祭奉納花火の会場へは、JR、地下鉄、京阪電車とさまざまなアクセスが可能です。

それぞれ駅がバラバラなのですが、まずは花火会場の最寄り駅から見ていきましょう。

 

天神祭奉納花火会場の最寄り駅は?

 

花火は桜之宮公園と川崎公園の2か所で打ち上げられます。

 

打ち上げ花火は桜之宮公園で、仕掛け花火が川崎公園で上がります。

 

人気があるのは打ち上げ花火を間近で鑑賞できる桜之宮公園です。

 

桜之宮公園の最寄り駅は、JR大阪環状線の桜ノ宮駅になりますが、帰りは最も混雑します!

 

 

混雑を回避できるおすすめの駅は?

 

3192969434_a51906fc16_b
Photo credit: tosimisi via Visual Hunt / CC BY-SA

 

帰りにJR大阪環状線の桜ノ宮駅を利用しようとすると、駅までの道はもちろん、構内に入るまでもかなり混みます。

 

花火を最後まで楽しんで、できるだけ早く帰りたいですよね。

 

少し歩きますが、JR東西線の大阪城北詰駅から帰ると、比較的混雑が回避できます。

 

20分以上歩くのが気にならなければ、大阪市営地下鉄の扇町駅か都島駅、JR大阪環状線の天満駅もおすすめです。

 

関西を代表する天神祭の花火でお祭り気分を楽しもう!

 

3761873954_2cf2ee35bb_b
Photo credit: ryumu via Visual Hunt / CC BY-SA

 

天神祭の花火は、例年130万人ほどの人出を記録していますが、足を運ぶ価値のある花火大会です。

事前にリサーチと準備をしておけば、比較的楽に花火を見られるので、一度見に行ってはいかがでしょうか?

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを