Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

【職人巡り旅】ゲーム「刀剣乱舞」で見学者急増。刀剣研師長岡靖昌さん

 

こんにちは。カラクリジャパンライターの梅グミです。

 

みなさんは「刀剣乱舞」というオンラインゲームをご存知でしょうか?

「とうらぶ」という略称は聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

 

擬人化した日本刀を集めて育成し、敵を倒していくゲームなのですが、ミュージカルや舞台、TVアニメに展開されるほど人気になっています。

 

ゲームに登場する刀剣を所蔵している神社やお寺、博物館、美術館に足を運ぶファンも多いのだとか。

 

刀剣乱舞の女性ファン「刀剣女子」は、刀剣を研く職人・刀剣研師の元にも見学に訪れていると聞き、巡り人こまのさんがインタビューに出かけました。

 

DSC00723

 

中に通されると、部屋の壁には多くの日本刀がならび、中央に「研ぎ船」と呼ばれる作業場が。

 

刀の製法、時代ごとのちがいを見きわめなければ、研ぐことはできない

 

DSC00710

 

刀を研ぐという作業は、刀を小さくしてしまいます。

もともとの刀の姿形を壊さないようにするためには、刀全体をまんべんなく研いでいかなくてはなりません。

見ただけで修正箇所がわかるようにならないと、刀に砥石を当てることができません。

 

長岡さん
日本刀に使われる鉄は西洋の刀剣のものより柔らかい。 荒い砥石で研ぐとすぐに削れてしまう。

自称研ぎ師のような人が研ぐと、刀の寿命までも削られる

 

刀の形は、時代や流派、刀の作り手によって、すべてちがいます。

刀のカーブの反り具合ひとつとっても、少しでも変えてしまうことは許されません。

 

刀を研ぐためには、いつ、どこの流派の誰が作ったか、見きわめる目が必要です。

これから研ごうとする刀がもともとどんな形をしていたか、知らないと研げません。

 

長岡さん
美術品の修復はいままでの歴史も背負うもの。 いいかげんなことはできない。

0.2ミリ削るだけでも何百年もの重みがある

 

日本が世界に誇る刀剣の研磨技術を見せていただきました!

 

DSC00731

 

最初は刀を砥石に直接あてて研ぐ「下地研ぎ」をします。

 

次に「仕上げ研ぎ」をしていきます。

 

 

DSC00744

 

仕上げ研ぎに使う砥石は、京都の一部の山でしか採れない「内曇砥(うちぐもりど)」という石を使います。

 

刀の切先に下地研ぎと同じ砥石を使ってしまうと、鏡のようにつるつるとした仕上がりになってしまいます。

 

研ぎの最後の方では、紙やすりほどの薄さにはがした砥石を親指の上に小さく乗せて、指を細かく動かして削っていきます。

 

長岡さん
指先の感覚だけでなく五感をつかって研いでいく。 特に音。 砥石に当たる面がかわると微妙に音がかわるためその音をきく

 

 

カメラマン10年のキャリアを手放し刀剣研師に転身。その理由とは

 

DSC00717

 

長岡さんの前職はカメラマン。

キャリアは10年ほどあり、収入も今の倍はありました。

しかし、デジタルカメラの普及で、自分の仕事がおもしろくなくなってしまいました。

今後、カメラの撮影技術は仕事にならないと思ったからです。

 

こまのさん
なぜ刀剣研師に?

 

長岡さん
刀の写真は撮影できない。難しい。 カメラが刀に映ってしまう。 角度を変えて撮ろうとしても、壁や照明器具が映りこむ

 

刀は多面体の鏡。

まわさないとその美しさはわからないそうなのですが、いろいろなものが映りこむので、撮るのが難しいとのこと。

 

刀の写真撮影をきっかけに刀屋さんと仲良くなっていき、長岡さんは気づけば刀にはまっていました。

 

独立まで最低10年の刀剣研師の世界に、30代で飛び込んだ

 

DSC00714

 

刀剣研師の世界では、最低10年は師匠について修行が必要だと言われています。

 

高校卒業してすぐに弟子入りする人がほとんどというなか、長岡さんは30代で修行に入りました。

 

長岡さん
師匠の動きをひたすら見て覚えた

 

そんな長岡さんですが、他の若いお弟子さんたちとはちがう能力がありました。

見たものを再現する能力です。

写真をやっていて身につけた能力を、長岡さんは活かすことができました。

 

ゲーム「刀剣乱舞」の影響で、刀剣研師に興味を持つ人も

 

C0004T01

 

「刀剣乱舞」はアニメ化され、2017年7月にはシリーズ第2弾である「活撃 刀剣乱舞」が放送されています。刀剣人気はまだまだ続きそうな予感。

 

長岡さんはこの盛り上がりをどうとらえているのでしょうか?

 

長岡さん
「刀剣乱舞」の影響で日本刀業界はにぎやかになり、売れ行きもあがった。加州清光はそんなにすごい刀じゃないのにゲームの影響で大人気に

 

長岡さんのもとにも、若い女性を中心に見学に訪れる人が後を絶たない。

 

「刀剣女子」と呼ばれる彼女たち、最初は「キャー」と盛り上がっているけれど、ペンとノートを持参して見学するなど、とても勉強熱心。

 

長岡さんたち刀剣研師の仕事を、日本の伝統工芸文化として、とらえているようです。

 

2016年秋シーズン・日テレで放送されたドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」にも登場!

長岡さんのサイトはこちら ⇒長岡日本刀研磨所

 

 

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn