Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

【職人巡り旅】手仕事で日本の伝統と粋を守る着物仕立て栗原敏夫さん

 

こんにちは。カラクリジャパンライターの梅グミです。

 

「着物仕立て」という言葉を聞いたときに、みなさんはどんなことを想像するでしょうか?

 

およそ36cm幅の長い布から、1領(洋服でいうところの1着)の着物を作り上げていく。

それが「着物仕立て」の仕事です。

 

今回は、着物仕立てを仕事にしている栗原敏夫さんの元を、巡り人こまのさんが訪ねました。

 

「ものづくりが好きな子」と大叔母にすすめられ、着物仕立ての道へ

 

C0007T01

 

こまのさん
小さい頃はどんなお子さんでしたか?
栗原さん
ララミー牧場が好きで。ジーパンも穴あきのはいて革製品にも興味があった。

だから服装には興味があった

 

517lPXlIMlL

引用:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%BC%E7%89%A7%E5%A0%B4-DVD-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%BC/dp/B003BEALE2

 

ララミー牧場は1959年から1963年まで、アメリカのテレビで放送された西部劇です。

日本でも1961年に最高視聴率43.7%を記録するほどの人気ぶりでした。

 

こまのさん
着物仕立ての職人になったきっかけは?
栗原さん
おばあさんの姉が自分を見て、 「きっとものつくるの好きな子なんだな」と思って、勧められた
栗原さん
ものづくりという幅広いジャンルで仕立てになったのは縁

 

親が着物を仕立てていたわけではなかった栗原さん。

何も知らずに沼津の学校へ行ってしまいました。

 

学校に行ってから「あ、これからこんなこと勉強していくの???」と思ったそう。

学校で1年学んだと、新宿伊勢丹で勉強したそう。

 

着物の仕立てはどんなことをするの?資格がないと仕事はできない?

 

 

通常、着物はつくってからお店に置いてもらい、お客様に買ってもらうというルートをたどります。

けれども、栗原さんたち着物仕立ての職人は、すべて注文を受けてから着物をつくるのです。

 

栗原さん
どんなときにつかう着物か、聞き込みから始めます

 

こまのさん
着物仕立てはどんな作業をするんですか?
栗原さん
簡単な順序としては次の通りです

 

1 地直し

 

アイロンで生地を詰まらせたり、縮ませたりして、縦糸と横糸のバランスを整える作業をします。

 

2 柄裁ち(がらだち)

 

仕立て上げたときに柄が映えるよう、模様の向きや組合せ、色使いなどを見ながら裁断します。

同じ柄の布であっても、裁ち方ひとつで体型をカバーしたり、スタイルを活かしたりできます。

着る人をより魅力的に見せることができるため、仕立てる人の技術とセンスが問われます。

 

3 裁断

 

布地をはさみで裁っていく、最も緊張する工程です。

裁断は、仕立てる着物によって、手順やはさみの使い方が変わってきます。

 

4 ヘラつけ

 

裁断した生地の輪郭をたどり、ヘラで印を付けていきます。

正確に縫い合わせるため、袖や身ごろ、衽(おくみ)、衿、胴裏、八掛といったパーツにヘラで印を入れます。

美しい仕上がりにつながるため、正確さが要求される工程です。

 

5 縫製

 

袖などのパーツを身ごろにつけていきます。

 

たくさんの工程がありますね。

 

栗原さん
縫うまでに4、5時間。縫うのに2日は使っちゃうね
こまのさん
なぜミシンを使わずに、手縫いで仕立てるのですか?
栗原さん
洋服の生地と着物の生地だと強度がちがううから、ミシンとかでやっちゃうと生地が負けてしまうんだよね

 

何通りかの縫い方を使い分けながら、4cmほどの短い針で縫っていきます。

 

栗原さん
背とか着たときに力が入るところは細かめに縫う

 

こまのさん
1年で一番忙しい時期はいつですか?
栗原さん
昔は11月から年末にかけてめちゃくちゃ忙しかった。今はね、平均してます

 

昔は既製品の着物がなかったので、全部寸法を測ってつくるフルオーダーメイドが一般的でした。

そのため、4日くらい寝ずに仕事をしていたこともあったのだとか。

 

栗原さん
私たちみたいな1から10までやるひとは少なくなってきたね

 

着物の仕立てを仕事にするには、資格が必要?

 

着物の仕立てに関連する資格は以下の3つがあります。

 

・ 東京商工会議所主催の「和裁検定」

・ 厚生労働省が実施する「和裁技能士検定」

・ 日本和裁士会が認定する「和裁士」

 

栗原さん
でも、資格とっても仕事あるわけじゃないんでね

 

 

着物仕立てのプロが教える日本の和装文化の良いところ

 

DSC02212

 

こまのさん
着物を粋に見せる工夫や柄があったら教えてください
栗原さん
「裄(ゆき)」ってもんがあるんですけど、そこを短く、丈を長く

 

「裄」は、肩から袖口までを指します。

時代劇などに見られる侍の、袖をひきずる丈が、伝統的に粋な寸法とされています。

 

栗原さん
柄は侍だと無地。町人だと歌舞伎柄

 

C0005T01 (1)

 

歌舞伎柄は写真のような歌舞伎の役や、役者にちなんだ柄全般を指します。

 

こまのさん
着物のいいところはなんですか?
栗原さん
着方によっていろんな着こなしできる

 

着物は寸法をしっかり測って仕立てているのですが、その人の体型に合った着付けができるので、誰でもある程度着こなせます。

 

栗原さん
仕立て直して着られるとこもいいところ

 

おばあさんの代の古い着物でも、孫に合わせて仕立て直せば、今風に着ることができます。

 

 

自分用に今まで見たことのない着物をつくってみたい

 

C0016T01

 

栗原さんは杉並区で着物をリサイクルさせる活動をされています。

着なくなった着物や売れなかった着物を仕立て直したり、のれんにしたりする活動をしているそうです。

 

今後、やってみたいことは他にもいっぱいあるそうですが、なかでも印象的だったのがこのひとことでした。

 

栗原さん
誰もつくったことがない着物をつくってみたい。そして、

着てみたい

 

栗原さんのふだんの服装は「かるさん」というもんぺをはかれているそう。

 

他にも、女物の着物を男物に直して着るなど、和装を楽しんでいるとのことでした。

 

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn