Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

【職人巡り旅】日本舞踊師範と雑貨店オーナー。2つの顔を持つ河野雅子さん

 

こんにちは。カラクリジャパンライターの梅グミです。

 

巡り人こまのさんが日本各地の職人を尋ねる【職人巡り旅】。

今回は、日本の伝統文化である日本舞踊を教えるかたわら、雑貨店を営んでいる河野雅子さんにお話をうかがいました。

 

日本舞踊の師範である河野さんが、雑貨店が始めたきっかけはいったいなんだったのでしょうか?

 

 

20年のブランクを越えて、専業主婦から盆踊りの指導者に

 

C0007T01 (1)

 

 

河野さんは日本舞踊坂東流師範でいらっしゃいます。

 

こまのさん
坂東流の特徴はなんですか?
河野さん
踊りとしては歌舞伎舞踊

 

坂東流は歌舞伎役者・坂東三津五郎を家元としています。 藤間流の日本舞踊と似ていますが、仮面など、ちょっとちがうところがあるそうです。

 

こまのさん
どうやって踊りの世界に入ったんですか?
河野さん
母の妹が師範で、8歳のときにはじめた

 

河野さんには8歳ちがいの、ほぼお姉さんのような叔母がいます。 河野さんは、叔母さんの一番弟子として、踊りを習いました。

 

河野さん
学校から帰ったらすぐに着替えて、自宅の敷地内にある叔母の家に行った

 

河野さんは学校を卒業後、坂東流の師範になりました。 「踊りだけではきびしいかな」と思い、教えながら歌舞伎関係の手伝いもしていました。 お手伝いでは事務作業も経験されたそうです。

 

河野さん
結婚してからきっぱりやめてしまった。主婦業希望

 

結婚してから20年がたったころ、子どもが大きくなったのを機に、再び叔母の元を訪ね、習う側としてお稽古を再開されました。

 

河野さん
叔母もね。待っててくれたの

40歳になってから復活したのよね

 

お稽古を受けながら、近所で盆踊りをやっていることを知ります。

 

河野さん
「盆踊りを教わりたい」って聞いたら、「むしろ河野さんに教えてもらいたいです」ってなった

 

盆踊りを教え始めて2年半になる現在は、健康体操をしながら盆踊りの振り付けを教える活動も始めました。

 

河野さん
ある程度は振り付けが決まってるけど、叔母の元で教わった振り付けがあるので、何とか教えている感じ
河野さん
盆踊りはワンフレーズのくり返しなので、すぐみんなおぼえちゃいますよ

 

盆踊りをきっかけに新しい友達ができたり、「夜よく眠れるようになった」「きちっと踊れるようになってうれしい」と言われたりするのが、うれしいそうです。

 

河野さん
やってよかったなって思える

 

民謡の盆踊りに加え、昨年からはAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』 など、最近流行している曲に合わせた振り付けもしています。

 

河野さん
老若男女、幅広く楽しめるものになるかなって。

子どもさんにも楽しんでもらえるように

 

突然降りてきた直観に従って、3ヵ月足らずで雑貨店を開業

 

DSC02383

 

こまのさん
お店をはじめたきっかけはなんですか?
河野さん
急におりてきたんですよね。誰かに言われたわけではなく

「あ、わたしお店ひらかなきゃいけない気がする」ってね

 

自宅の駐車場スペースの半分を使い、河野さんは知り合いの工務店に店舗を作ってもらいました。

 

こまのさん
お店の名前はなぜ「RAINBOW」なんですか?
河野さん
ハワイの虹をイメージしてる

 

河野さんがハワイにひかれたきっかけは、サプライズ。

ハワイに行く身内を驚かせたくて、「いってらしゃーい」と送り出したあと、こっそり前乗りしたのだとか!

 

河野さん
サプライズしようと思わなかったらハワイなんて行ってなかったな

 

このハワイ行きをきっかけに、河野さんは何度もハワイに通うようになりました。

 

こまのさん
一番売れたのはなんですか?
河野さん
靴下。半年で1000足売れたの。

びっくりー

 

他には、バッグなど、贈り物や実用的なものがよく売れているそう。

 

 

車1台分の店舗スペースから、人とのつながりが広がっていく

 

DSC02379

 

こまのさん
雑貨屋さんやっててよかったことってなんですか?
河野さん
疎遠になってた友達がふらっとよってくれるようになった

 

「子どもが大きくなると、それまでのママ友ともなかなか連絡を取らなくなる」と言う河野さん。

お店を始めたことで、友達がちょっと話に来たり、雨宿りにきたりするようになったそうです。

 

河野さん
地元の人との関わりが増えた。

盆踊りの生徒さんもきてくださるようになった

 

河野さん
お友達って宝物。

年を重ねてからお友達つくるのって難しいけど、それができるのはお店のおかげ

 

日本舞踊と雑貨店。

全然関係がないように見えますが、人のつながりがどんどん広がっていくところは同じなんですね。

 

 

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn