Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

【職人巡り旅】食品サンプル体験が大人気!大和サンプル製作所伊藤裕一さん

 

こんにちは。カラクリジャパンライターの梅グミです。

 

ストラップやキーホルダーで揺れているおいしそうな食品サンプル、見たことありますよね?

 

食品サンプルはもともと、レストランの店頭にあるショーケースに飾られた料理の模型という使いみちをされてきました。

 

近年では、食品サンプルがストラップやキーホルダーのように、身近に使えるかたちで加工され、外国人観光客のお土産として人気があります。

 

今回は、食品サンプルメーカー、大和サンプル製作所の伊藤裕一さんに、巡りひと・こまのさんが話をうかがいました。

 

 

外国から年間2000人の観光客が食品サンプルづくりの体験に訪れる!

 

C0008T01 (1)

 

大和サンプル製作所は、1952年創業の食品サンプルメーカーです。

2011年から、会社内に食品サンプルの体験スペースを作り、週5日教室を開催しています。

 

あまり知られていませんが、食品サンプルは日本で生まれたもの。

以前から、日本のお土産として、外国人に人気がありました。

食品サンプルを自分の手でつくれる教室は、日本でしかできない体験。

 

食品サンプルの体験教室には年間2万人が訪れていますが、そのうち10%は外国人観光客。

2000人の外国人が訪れるというのですから、驚きですよね!

 

80年の歴史を誇る食品サンプル、どんな手順でつくっている?

 

DSC02934

 

こまのさん
食品サンプル職人はどんな仕事されるんですか?
伊藤さん
基本、食品サンプルを扱うのは日本だけ。 日本の飲食店のサンプルをつくっています

 

こまのさん
食品サンプルはどんな素材でできていますか?
伊藤さん
はじめはロウ細工だった。今は樹脂でできている

 

食品サンプルは80年前に日本で生まれました。

当初はロウ細工でつくっていましたが、ロウは太陽にあたると溶けてしまうのが難点でした。

現在は、ほとんどの食品サンプルを樹脂でつくっています。

 

伊藤さん
うちは体験もやってるから、ろうでも樹脂でもつくってる

 

ろうのサンプルの特徴は色をつけやすいこと。

樹脂のサンプルは焼いて固めるため、途中で色が変わってしまうというデメリットがあります。

 

伊藤さん
どんな色になるかは、焼いてみないとわかならない。

本物のケーキつくるようにオーブンで焼く

 

こまのさん
食品サンプルの製作工程は?

 

伊藤さん
次のとおりです

 

  1. 本物の食品をいただいて来て、デジカメで撮影します。
  2. 具材をひとつひとつばらして、型を取ります。
  3. 型が完成したら、どろっとした液体の樹脂を流し、焼いてかためます。
  4. 焼きあがったサンプルに描いたり塗ったり、ふきつけたりして、完成形の色に仕上げていきます。
  5. 最後に、ひとつひとつの具材を盛り付けて、完成です。

 

具材のなかには、飾り切りなど、こっているものもあります。

 

伊藤さん
料理と同じで手間がかかる。サンプルも同じ

 

 

技術を学べるのは現場だけ。サンプルで思うような色を出すには7年かかる

 

DSC02953

 

こまのさん
どんな人が食品サンプル職人に向いていますか?
伊藤さん
どの仕事もそうなんだけど、習うよりも慣れること。

忍耐強い人の方が向いている

 

こまのさん
この仕事でつらかったことは???
伊藤さん
色出し

 

白と赤でピンクになるのは素人の私たちにもわかりますが、ピンクの色合いも本当にいろいろあるので、再現するのが難しいそう。

 

伊藤さん
たとえば、わさび。緑っぽいようなグレーっぽいような微妙な色合いをいろんな色を混ぜ合わせて出していく。

色だしができるようになるのに7年くらいかかる

 

色出しができるようになるまで7年もかかるため、食品サンプルには技術を学ぶことのできるスクールなどはないそうです。

 

こまのさん
食品サンプルの仕事をやっててよかったことは??
伊藤さん
職人の仕事だけでみるとちゃんと納品できればホッとする。 体験の仕事はお子さんとかが喜んでくれること

 

こまのさん
どうすれば食品サンプル職人になれますか?
伊藤さん
時間がかかるから、学校がない。学校がないぶん間口はせまい

 

伊藤さんをはじめ、食品サンプルの職人は家業を継いでされている方が多いそう。

大手メーカーでは営業職の募集はありますが、そこから職人になるのは難しいのだとか。

 

伊藤さん
今は飲食店が減ってる。料理を写真で見せる店が多い。 だから、職人の仕事より体験が多い

 

 

 

日本にしかない食品サンプルの技術を知って、楽しんでもらいたい

 

DSC03107

 

こまのさん
体験ではどんな食品サンプルが作れますか?
伊藤さん
うちでやってるのはラーメン・カレー・お寿司・天ぷら・レタスチャーハン

 

難易度あるものは避け、4歳からお年寄りまでができるものを体験に用意しているそう。

 

こまのさん
人気があるものはなんですか?
伊藤さん
海外の人にはスイーツが人気

作ったあとに使用できるものが人気

 

日本の食品ということで、お寿司や天ぷらが人気かと思いきや、飾ってかわいいものが人気を集めているそう。

 

伊藤さん
パフェはフルーツから選べる。ソースも選べる。生クリームで盛り付けていく

 

こまのさん
食品サンプル、オーダーメードすると、値段はいくらくらいですか?
伊藤さん
簡単に言うと本物の10倍と言われている

 

オリジナリティが強いサンプルはもう少し高くなるそう。

今は、ラーメンのサンプルをつくる場合でも、器がちがうので、基本的には既製品というものはない。

 

伊藤さん
多種多様なのでほぼオーダーしかない

 

こまのさん
食品サンプルづくりを楽しんでもらうためにしている活動はありますか?
伊藤さん
店舗での体験だけでなく、人数が多いとか来られない人のため、出張での体験もしている

 

海外からも話があり、台湾、韓国、タイにも出張されたそう。

 

伊藤さん
出張のとき、海外向けに抹茶スイーツもつくれるようにしました

 

こまのさん
最後にひとことお願いします!
伊藤さん
日本でもまだ食品サンプルをつくったことがない方がまだいると思うので、日本の技術を知って楽しんでほしい

 

日本はもちろん、海外の方にも幅広く体験してみて、喜んで帰ってほしいそうです。

 

子どもも大好きな食品サンプルの体験はこちらで楽しめます⇒大和サンプル製作所

 

 

 

 

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn