Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

人間国宝も出品!日本伝統工芸展で日本最高峰の技術を見よう

 

こんにちは、カラクリジャパンライターのユキガオです!

 

日本伝統工芸展」に行ったことはありますか?

 

公益社団法人日本工芸会という団体が主催しており、年に一度開催される展示会です。

 

そこで出品されるのは、日本でも選りすぐりの伝統工芸品ばかり。

 

なかには、人間国宝(重要無形文化財保持者)の作品も出品されており、非常に見る価値の高い展示会と言えます。

 

今回は、そんな日本伝統工芸展についてお伝えします!

 

 

日本伝統工芸展の歴史と開催意義

 

antique-old-shelf
Photo via Visualhunt

 

日本伝統工芸展は昭和29年に始まり、それ以来毎年開催されている展示会です。

 

63年もの間、年に一度開催されているというのですから、その歴史の深さがうかがえると思います。

 

開催する意義は、『歴史的・芸術的に価値の高い伝統工芸品を守り、それを次の世代に伝えて育成していくため』というもの。

 

日本伝統工芸展の開催要項には、以下のような趣旨が謳われています。

 

伝統こそ工芸の基礎となるもので、これをしっかりと把握し、父祖から受け継いだ優れた技術を一層練磨するとともに、今日の生活に即した新しいものを築き上げることが、我々に課せられた責務であると信ずる。

第64回 日本伝統工芸展開催要項』より引用

 

つまり、これまでの伝統技術を受け継ぎながら、現代にふさわしい価値あるものへと引き上げていくことが、この展示会を開催する意義なんですね。

 

さらに日本伝統工芸支部展という、各地域ごとの支部で開催する展示会もあります。

 

こちらは、東日本・東海・富山・石川・近畿・中国・山口・四国・西部の全9支部でそれぞれ開催されます。

 

日本伝統工芸展では見られない、各地域ごとの優れた作品を楽しむことができます。

 

 

どのようなものが展示される?

 

e9760682b5edafcf72b61ff1c8b1210e_s

 

日本伝統工芸展で展示される分野は、以下の7分野です。

 

  • 陶芸
  • 染織
  • 漆芸
  • 金工
  • 木竹工
  • 人形
  • 諸工芸

 

こうして見ると、伝統工芸の分野は少ないように見えますね。

 

しかし、諸工芸のなかにはガラス工芸や七宝、硯なども含まれているため見ごたえは十分です。

 

展示会では、全国からの公募で送られてきた作品のうち、入選作品が展示されます。

 

そしてさらに、普段は滅多にお目にかかれないような日本国宝の作品も展示されるんです!

 

日本でもトップクラスの伝統工芸品を見ることができる、貴重な機会です。

 

 

開催場所と開催日程

 

23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_m

 

2017年度の開催場所と日程は以下のようになっています。

 

  • 東京:9月20日〜10月2日
  • 名古屋:10月4日〜10月9日
  • 京都:10月18日〜10月23日
  • 金沢:10月27日〜11月5日
  • 岡山:11月16日〜12月3日
  • 松江:12月6日〜12月24日
  • 高松:2018年1月2日〜1月21日
  • 仙台:2018年1月24日〜1月29日
  • 福岡:2018年2月2日〜2月7日
  • 大阪:2018年2月16日〜2月20日
  • 広島:2018年2月23日〜3月11日

第64回日本伝統工芸展(平成29年)』より引用

 

全国11ヶ所で開催される予定です。

 

入選作品が日本中を転々と移動していくため、9月に東京で始まる展示会も、最後の会場が終わるのは翌年の3月となります。

 

長丁場ですが、数多くの作品がこれだけ全国を回ることなんて滅多にありません。

 

なお、日本伝統工芸支部展は主に4月〜6月頃に開催されています。

 

 

日本最高峰の伝統工芸技術を見てみよう

 

porcelain-container-craft-pottery-bowl

 

日本伝統工芸展は入場料が必要になりますが、行って損はないと思います。

 

なぜなら、全国各地の伝統工芸品を一度に見ることができ、その技術の高さや新しい作風を知ることができるからです。

 

この展示会に行くと、どうやって作ったのか想像もできないような素晴らしい作品が並んでいます。

 

思わず感嘆のため息が出るとともに、この凄い技術を後世に伝えていかなくては、という思いを抱く人もいるのではないでしょうか。

 

これから3月に向けて全国各地で開催される日本伝統工芸展。

 

ぜひお近くの会場に足を運んでみて、日本の伝統工芸に触れてみてくださいね!

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn