Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn

日本の夏の風物詩・浴衣。その由来は?着る時期はいつからいつまで?

 

こんにちは、カラクリジャパンライターのユキガオです!

 

浴衣といえば、日本の夏の風物詩のひとつですね。

 

この夏、浴衣を着てお出かけされた方も多いのではないでしょうか?

 

最近では、海外からの旅行者がレンタル浴衣を着て観光地を歩く姿も見かけます。

 

そんな浴衣は、もともと外出用ではなかったんです。

 

浴衣の歴史や、着る時期のマナーなどについてお伝えします!

 

 

浴衣はもともと入浴用だった

 

15059073255_6e438696a4_b
Photo credit: theCarol via Visual hunt / CC BY-NC-ND

 

浴衣の語源は「湯帷子(ゆかたびら)」だと言われています。

 

平安時代、位の高い人たちが入浴する際に身につけていたのが「湯帷子」です。

 

かつての入浴方法は、今のようにお湯に浸かるのではなく、蒸し風呂が一般的。

 

そのため、汗を吸い取ったり火傷を防ぐために着物を着る必要がありました。

 

そこで、麻でできた単衣の着物を素肌の上から着ていたのが「湯帷子」であり、現在の浴衣のはじまりとされています。

 

その後、入浴の文化が庶民にも広がっていくと、浴衣は入浴後に着るものとして普及します。

 

かつては外へ着ていくためのものではなかったんですね。

 

国内で綿の生産がされるようになってから、浴衣は日常的に外へ着て出歩くためのものとなっていきました。

 

そして現在は、様々な柄の浴衣が安価で手に入るようになり、すっかり日本の夏を彩る風物詩となったわけです。

 

 

浴衣を着用してもいい場所・ダメな場所

 

IMARI20160806023217_TP_V

 

浴衣は和服として考えられますが、正式な和装ではありません。

 

先ほどもお伝えしたように、もともとは入浴用や室内用の肌着です。

 

そのため、結婚式や格式の高い場所に着ていくのはNGとされています。

 

もちろん通常の着物であれば日本人の正装ですので問題ありません。

 

しかし、「涼しいから」や「夏だから」という理由でフォーマルな場所に着ていくのは良くないのだと覚えておきましょう。

 

逆に、夏場のお祭りや花火大会などにはぴったりの着物です。夏の思い出として、ぜひ色々な場所に着ていきましょう。

 

また温泉街などで宿泊すると、浴衣が用意されていることもあります。

 

基本は宿の中のみで着るものですが、宿のなかにはその格好のまま外へ出られる場合もありますの、ぜひ着てみてください!

 

 

浴衣はいつからいつまで着ていい?

 

6d97f937c608319a4780eaa05a006ea5_s

 

そんな浴衣は一般的に、7月から8月に着るものとされています。

 

そのため、まだ肌寒い5月や秋の風を感じる9月頃に浴衣を着るのは、やめたほうがいいと思います。

 

現在では通販サイトなどで一年中浴衣を買うことができますし、着るのも難しくないため、誰でもいつでも着られるようになっています。

 

しかし、生地が薄手で、下に長襦袢(ながじゅばん)を着ないことなどを考えると、やはり暑い季節のみ着るのが好ましいでしょう。

 

ただし、正確に「いつからいつまでなら着てもいい」と決められているわけではありません。

 

あくまで、浴衣を着ている姿が不自然でない時期のみ着るようにしましょう。

 

 

9月に入り、夏祭りもなくなってきたら、そろそろ浴衣をしまって来年の夏に備えて置くといいですね。

 

 

季節に合わせて和装を選ぼう

 

6b67f313f7939e7be5cb903b5c14e365_s

 

日本には「着物」という文化があります。これは英語でも「kimono」と訳されるほど、日本独自のものです。

 

そして日本人は、周囲と合わせることをよしとする風潮があります。それは着るものに対しても同じ。

 

周囲の人との調和や季節を重んじ、その場にふさわしい格好をする。

 

どんな場面でどのような服装を選ぶべきかということも、日本文化を理解する上で大切な考え方です。

 

浴衣という夏の風物詩を通して、日本文化を今一度見つめ直してみるのも面白いかもしれませんね。

 

日本伝統文化が気に入ったら
いいねしよう !

Twitter でKARAKURI JAPANを
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
Pin on PinterestShare on TumblrShare on LinkedIn