醍醐虎汰朗のプロフィールや経歴まとめ!話題の舞台「千と千尋の神隠し」ハク役をリアルに再現!

複数あるサイトの中からご覧いただきありがとうございます。当サイト運営者のsamiです。

今回は、天気の子や今話題の舞台・千と千尋の神隠しのハク役として主演している他にも映画や舞台、声優に引っ張りだこの若手俳優「醍醐虎汰朗」さんにスポットを当ててご紹介していこうと思います。爽やかな笑顔からお芝居に向き合うストイックな姿まで人気作品と共にご覧ください!

プロフィール

出典 https://fast-tokyo.com/kotaro-daigo2/
名前醍醐 虎汰朗(だいご こたろう)
生年月日2000年9月1日(21歳)
出身東京都
身長167 cm
血液型A型
活動期間2016年~
事務所エーライツ
趣味ゲーム、ゴルフ、ランニング、サウナ
特技サッカー、水泳、空手、ボクシング
漫画を読むスピードが非常に速く、1日に30冊を読破したこともあるとの事。
Instagramhttps://www/instagram.com/daigo_kotaro/

醍醐虎汰朗は本名?

醍醐という苗字は、芸名の様な珍しい苗字に聞こえますが本名かどうかは、調べたところはっきりわかりませんでした。しかし藤原家氏一条家より分かれた公家に醍醐家があったり、千葉県南部の民族にも見られることから千葉県や東京都に多い苗字だそうです。

珍しい苗字ではありますが全国に3,900人程度はいる名前との事。

芸能界に入ったきっかけ

中学のサッカー部を引退した後、元々芸能界に憧れていたため自分で事務所のオーディションに応募したのがきっかけです。

代表作

舞台初出演にして「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~」3代目小野田坂道役を射止め、同公演の座長も務めた。2017年

当時、16歳という若さで初舞台にして初主演という異例の大抜擢を受け、小野田坂道役を演じきった作品。汗だくになって倒れ込むくらいピダルを漕いで役作りの為にかなり努力したとのことで「部活みたいな舞台だ」とも語っていました。自転車を使わずして自転車レースのお話を舞台で体一つで演技るのは相当難しいことですよね。きっと元サッカー部で特技も水泳、空手、ボクシングという事から運動能力の高さも選ばれたひとつなんでしょうね。

兄に愛されすぎて困ってます(主役の土屋太鳳さんの中学時代の想い人の山田先輩役)2017年

告白12連敗中の土屋太鳳さん演じるせとかの中学時代の想い人であり、せとかの告白を誠実に断る筋の通った先輩役を演じました。学ラン姿が可愛らしくも見えてしまいました。

先に生まれただけの僕(梅本満)2017年

新海誠による長編アニメーション映画「天気の子」2019年

(C)2019「天気の子」制作委員会

オーディションで10代2000人超の中から主人公・森嶋帆高役に選ばれました。更に同作で第14回 声優アワード 新人男優賞を受賞し、一目置かれる俳優になりました。演技や声優以外にも主人公・森嶋帆高役のご本人が歌う「天気の子」の主題歌である、RADWIMPSの「愛にできることはまだあるかい」もあったのでよかったら聞いてみて下さい。

透き通った声に思わず、目を瞑ると映画のワンシーンが浮かぶようでした。国内外のファンからの熱烈なコメントも多数寄せられていました。

韓国で話題の映画「鳳梧洞戦闘」韓国映画デビュー2019年

出典:https://news.livedoor.com/

日本軍の一員として北村一輝さんたちと共に出演した映画。醍醐虎汰朗さんは、この作品で韓国軍の捕虜となる日本人軍の若い少年ユキオ役を演じ、韓国人と暮らし、日本軍の乱暴で残虐な行為を目撃することで心が揺れ動くという繊細な役柄を演じました。

彼のインスタグラムで韓国語のコメントをよく見かけるのは、それもきっかけなんでしょうね。国を越えて人気がある俳優さんなのが感じられます。

ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』主役・日向翔陽(2019年)

2019年「飛翔」、2020年「最強の挑戦者」「ゴミ捨て場の決戦」、2021年「頂の景色・2」に出演。

バレー選手としては身長は低いもののそれ以外の身体能力は作品の中でもトップクラスで「スピード」「跳躍力」「スタミナ」共に異常なレベルという主役・日向翔陽を演じました。初めに出演した「飛翔」は、2.5次元舞台として初めての挑戦だったとのことですが持前の運動神経の良さで役を演じ切りました。

舞台 千と千尋の神隠し – ハク 役(三浦宏規とダブルキャスト)2022年現在公演中

スタジオジブリの不朽の名作「千と千尋の神隠し」が「レ・ミゼラブル」を手がけた演出家ジョン・ケアードの演出により奇跡の世界初舞台化!主人公・千尋を助けるハク役をダブルキャストにて演じるうちの一人が醍醐虎汰朗さん。

公開前に舞台について話されていた記事から一部抜粋

ハクの魅力はとにかくカッコいいところ。千尋にスポットをあて、彼女のフィルターを通して物語を見ますので、必然的に助けてくれる存在であるハクはカッコよく映りますよね。所作も王道のカッコよさ。あとはもう……顔ですよね! 顔がカッコいい。メイクで僕もなんとかならないかな(笑)。頑張ります!

ハクのカッコ良さや儚さ、美しさみたいな部分にこだわりたいと思っている。

と、語っていた通り、見事なほどにハクを再現されていますよね!ジブリの中のキャラクターでも5本の指に入るほど、好きなひとり。醍醐さんの作り出すミステリアスな雰囲気にも思わず惹き込まれていきますね。

公演を見に行った方のコメント内にも感動したとの声が多く寄せられていました。

Aさん
Aさん

今日の夜の部、まさかの1番前で友人と見にいきました。醍醐さん演じるハク様は、とっても素敵で鳥肌が立ちました。優しいハクが滲み出ていてもっと見ていたかったです!

Bさん
Bさん

とにかく動きも声も再現度高すぎて、3時間見入ってしまいました。本当に素敵な作品をありがとうございました。

ハク (C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

現在公開中の舞台・千と千尋の神隠しを予約できなかった方のためにHuluにて生配信も受け付けています。料金や販売時期、購入方法などはコチラも合わせてご覧ください。

実写映画 初主演を務める『野球部に花束を』が2022年秋、公開予定

野球は未経験だったそうで高校球児に近づくためにクランクインまで野球を1から教わり、ひたすら練習に励んでいたり、野球動画を観てはイメージを膨らましていたそうです。髪型も坊主にして挑んだとのことで今までとはまた違った一面が見られるのではないでしょうか。主人公の黒田鉄平役をどんな風に演じ切るのか今から楽しみですね。

最後に

デビューから瞬く間にドラマや舞台、映画など出演の幅を広げている今、大注目の醍醐虎汰朗さんについて紹介しました。今後、国内外での活躍が楽しみな俳優さんのひとりとして目が離せませんね!

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です