フワちゃん7kg減量!オードリー春日とのエアロビ・アジア大会の結果!過去の大会成績と裏話!

今回、福岡で開催された「第9回アジアリズムダンス&エアロビクス選手権大会」にオードリー春日&フワちゃんペアとおかあさんといっしょの元歌のお兄さんこと、よしお兄さんが出場しました。

中国、フィリピン、オーストラリアから強豪選手が続々と参戦したこの大会で一体どんな結果を残したのでしょうか?

今回の大会結果は…!?

結果は、春日&フワちゃんペアが6位となり、悔しさを滲ませる結果となりましたが、技術点だけでいうと全体の2位だったとのこと!

そしてシングル部門に出場した、よしおお兄さんは、3位に輝き見事、銅メダルを獲得しました。

「体育会TVエアロビ部」に加入して、なんと!わずか10ヵ月のよしお兄さんですがさすがの運動神経と言ったところでしょうか。

Sami
Sami

3人とも素晴らしい活躍に拍手喝采ですよね〜〜!!!

約5年にわたるエアロビ部の軌跡を振り返り

始まりは、2017年4月「炎の体育会TVSP』(TBS系)で約5年前からスタートした「エアロビ」企画。

当初、ペアではなく個人でスタートした春日ですが、はじめて4か月後には、大会に出場し、更に数か月後にはメダルを獲得するほどの実力になりました。

話だけ聞くと、順風満帆に結果を出しできたのかと思われがちですが仕事の合間の過酷な練習やコーチに激怒され自宅まで謝罪しに行くなど、知られざる秘話があったそうです。

そんなエピソードを踏まえて振り返っていきましょう!

初めにコーチのパウロさんとは?

名前PAULO ROBERTO DOS SANTOS
生年月日1964年
出身地ブラジル・ブラジリア市
出身校ブラジル大学(スポーツ教育、美術教育学専攻)
Instagramhttps://www.instagram.com/paulosantospau
  • 1989年 コーチや振付師として活動
  • 1993年 ブラジルのサンパウロから東京へ移住
  • 1995年 PR PRODUCTION株式会社 設立
  • 2010年 エアロビックフィットネスビデオ「アニマルビクス」をリリース

名前の読み方は、「パウロ・ロベルト・ドス・サントス」さん。

な、長い!!という事でこの記事の中では、パウロコーチと言う呼び方に統一しようかと思います。

大学卒業後にエアロビの世界に入り5年連続でチャンピオンになった凄い成績をお持ちなのですがコーチとしての実力も素晴らしく、指導した生徒たちの中に100人以上の世界チャンピオンを育てた剛腕コーチなのです。

ダンスや振付師としても超有名人であり、大会に行ったら「パウロ! パロス!」と、選手や観客にも声かけられる、カリスマ的存在なんだとか。

子供から大人まで愛される優しいオーラを感じる笑顔ですよね。

明るくてバリバリのアスリートでもあり、「その選手の良いところを伸ばす指導をすることをモットーにしている」とのことです!

パウロコーチのInstagramでは、あまりテレビには出てきていないような練習風景の裏側をみることができます。どれだけ熱量を込めて指導し練習をしてきたかを少しだけ感じ取る事ができました。

パウロコーチのTikTokも発見しましたがこちらは、何だかお茶目な姿が見られます!

当時57歳の映像ですが…さすがのぶれない軸と体力といったところでしょうか。同じ動きをしてみたのですがブレブレな上に息がすぐあがってしまいましたね~(笑)

2017年8月11日全国大会の地区予選「大阪大会」

結果は、「5位」!

3位以内に入れなかったので全国大会出場ならず。

しかし初めての大会でこの結果は、凄いのでは?と思われますが裏では笑えない事件がありました。

名コーチのパウロさんを招いて4月下旬から105日間に渡り、週4回よる練習など仕事の合間をぬって厳しい練習をしてきたのにお笑いの血が騒いでしまったのか本番で笑いを取りにいってしまったそう…

入場開始から20秒以内にオープニングポーズをとらなければ減点になるルールがあるそうですが3倍近い52秒もかけてゆっくり登場。

春日の芸を見たことある方は、「あ〜!あの登場シーンね」とわかるのではないでしょうか。

ですがお笑いの舞台では通用しますがもちろんこの場では求められておらず、まず減点。

更に演技内容で「鬼瓦」「カスカスダンス」。

締めに「トゥース」など鉄板ネタを織り交ぜたのですが、ふざけた演技にパウロコーチは怒ってしまい、採点結果も見ずに番組のスタッフの制止を振り切り帰ってしまったそうです。

当時の事をオードリーのオールナイトニッポンで赤裸々に語られていました。

「何やってんだ! 今までがっちり練習して。3ヶ月ぐらい、その時点で練習してきたのが全部、台無しだよ!」

オードリーのオールナイトニッポンより

と、「控え室でミスター・パウロにめちゃくちゃキレられたんだから」と当時の様子を春日が語っておりました。

Sami
Sami

そりゃそうなるわ〜!と言った感じですよね (> <)

その何日か後の夜にパウロ宅に本当に謝りに行って許してもらったとの事でした。

そこからエアロビを真剣に向き合うようになった春日は、数ヶ月後の大会で素晴らしい成績をおさめることになります。

2017年10月1日全国大会の地区予選「南関東大会」

結果は、見事「1位」!!

全国大会出場の切符を手に入れました。

今度はふざけて笑いに走ることもなく100%の力を出し切りました。応援に来ていたあき竹城さんが感動して泣いていた記憶が蘇ってきましたね~。

振りつけの難易度を上げた結果もありますが前回の件があってからのバシッと気持ちを入れ替えた春日は、キレキレの演技を見せてくれました。

お笑いナタリー(C)TBS

2017年11月11日「第29回 全日本エアロビクスコンテスト全国大会」

見事、男子シングルの部門で「3位」に輝き、銅メダルを獲得しました。

足の上がり具合が凄いな~と感動しながらも、こんなに大会って日程詰まっているの?というぐらい立て続け出場しているのにも驚きでした。

スポニチ(C)TBS

2020年12月/春日&フワちゃんのデビュー戦となった南関東大会

多忙の合間を縫う深夜特訓などで徐々に改善し、見事に「2位」となりました。

春日の肉離れのアクシデントもありましたが…開脚するフワちゃんを持ち上げて2回転する大技・スーパーバードを成功させました。デビュー早々に素晴らしい結果ですよね~!

2021年「全日本エアロビクス選手権大会」の一般ペア・グループ部門

結成わずか9ヵ月目にしてなんと、「3位入賞」!

無事日本代表としてアジア大会への出場切符をつかみました。この大会では、高得点が狙える難易度の高い演技構成にレベルアップして挑みました。

その中にはフワちゃんが勢いよく走って春日の肩に飛び乗り、開脚しながら回転する高難度の大技「ウルトラスーパーバード」も組み込みました。

マスクの上から伝わってくるニコニコしてるパウロコーチ。なんて嬉しそうな表情なんでしょう~!見ているこっちまで微笑ましい気持ちになりますよね^^

2022年5月1日「第9回アジアリズムダンス&エアロビクス選手権」

お互い、やれることの最大限をこなして挑んだ大会は、「6位」という結果になりました。

はじめにも書きましたが技術点だけでみると全体の2位と言う高評価だっただけあり、本人たちも優勝を狙いたかったと言う悔しさが残る大会になりました。

結果だけ見たら残念な気持ちもありますが日本代表としてアジア大会に出場したという事自体が胸を張れる素晴らしいことですよね。

modelpress(C)TBS

大会までの間は、ペア演技にもかかわらず、スケジュールの都合で一緒に練習することができず、気持ちばかりが焦り口論に発展してしまった重苦しい時期もあったとのこと。

さらにフワちゃんは、ペア練習に加えて、個人練習やウエイトトレーニングを増やし結果的に7キロの減量に成功したそうで以前にも増して、綺麗になったとも話題になりましたよね。

山あり谷あり、様々なドラマを乗り越え、この結果になったとなると涙なしでは見られないそんな最終回だったのではないでしょうか。

アジア大会当日、春日は「フワちゃんがどれだけ頑張ってきたかを知っているので、表彰式の一番高い景色を見せてあげたい」と決意。

一方、フワちゃんは「アジア大会で優勝するために春日とペアを組んだんじゃなくて、春日と組んでるから優勝したい」と、これまでの日々を振り返り意気込みを語っていたそう。

お互いを信頼しあい、高め合いながらも同じ目標に向かいやり遂げるのってかっこいいですよね。

そんなエアロビ部を見て元気をもらっていた方も多いのではないでしょうか。

春日とフワちゃんの仲良くなれたのは妻・クミさんのおかげ

以前、妻・クミさんが用意したフワちゃんへの誕生日プレゼントを春日に渡すように頼んだそうでフワちゃんの収録が終わるまで「待っていますよ感」を出さないように待っていたとの事。

お菓子の裏を見ながら時間を過ごした後にちょっと恥ずかしそうにモジモジしながら渡したとの事でそれに対してフワちゃんは、「さすがに赤ちゃんだよ、春日は。永遠の赤ちゃん。カワイイ」と言っていたそうです。

一方で春日は、エアロビの練習終わりに、フワちゃんがロケで宮崎に行った際のお土産として「これ行ってきた! あげる~」といって、地鶏の真空パックを頂いたそう。

その出来事をきっかけに「あ、いい奴だな」と、フワちゃんとの距離が縮まった時の心境を語っていました。2ショットの写真はどれも飾りすぎない素の表情ばかりで見ていてほ微笑ましくもなりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段から仲良しと言われる2人ですがきっかけになったクミさんはもちろんですがエアロビを通して、心の絆がさらに深まったのは間違い無いですよね。

多忙の中で取り組んだこの企画を通し、人間模様やたくさんの感動を見せてくれました。

人が真剣に努力して何かを形にしていく姿って見ている側も励まされますよね。

どうしても結果に目がいきがちですが個人的には、そこに行き着くまでの過程を知るのが大好きなんですよね~。これからそんな一瞬を組み込んでいけたらなと思います。

今後の更なる活躍も応援しております。最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。