竜星涼の経歴や学歴、プロフィールのまとめ!声優やモデルもこなす表現者としての魅力にせまる

多数あるサイトの中からご覧頂きありがとございます。今回は、朝ドラのちむどんどんではニーニーこと比嘉賢秀を演じている今話題の俳優、竜星涼さんについてご紹介していきます。

お芝居だけでなく声優やモデルなど幅広く活躍されている様々な顔をまとめてみたのでみていただけたら嬉しいです。

プロフィール

「A-Studio」-(C)TBS
名前竜星涼(りゅうせい りょう)
生年月日1993年3月24日(29歳)
出身地山形県生まれの東京都育ち
身長183 cm
血液型A型
趣味サッカー、バスケットボール
活動期間2010年 ~
事務所研音

学歴と幼い頃の夢は?

生まれたのは山形県新庄市とのことですが育ったのは東京だそうです。「武蔵野市立関前南小学校」を経て「武蔵野市立第5中学校」に入学し、「都立田無高校」を卒業しました。

小学校から中学3年生までは、サッカー少年として熱心に練習に打ち込んでいたそうで、なんと、なでしこJAPANのFW岩渕真奈選手とは、同じサッカーチームでプレーしていたそうです。

一時期サッカー選手を夢見たこともあるそうですが小学生のときに好きだったドラマ「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」の影響をうけたとのこと。絵を描くような物づくりが好きで、お菓子を作るという芸術的なものに惹かれていたことからパティシエを夢見ていたようです。

専門学校を出て、フランス留学することも考えていた矢先、ある転機が訪れる事になります。

デビューのきっかけ

高校2年のとき、美容室に行くがてら、あまり行ったことがなかった竹下通りをたまたま「ちょっと通ってみようか?」という気持ちで歩いていたら、今の事務所(研音)の方にスカウトされたそうです。しかし当時は芸能界に興味はありませんでした。
ところがスカウトマンからもらった名刺の裏にファンだった俳優の反町隆史さんの名前があったそう。更に売れっ子俳優の竹野内豊さんの名前もあったことで、もしかしたら会えるかもしれないという軽い気持ちで事務所に連絡したとインタビューで述べています。

竜星涼の本名は?

公式プロフィールでは、本名が非公開となっていたのですが「三上竜星」が本名ではないかという説が過去のインタビューをさかのぼると出てきたのでほぼ間違いないのではないかと思われます。どちらにせよ竜星と言う名前は、かっこいい響きでご本人にマッチしていますよね。

韓国人と言う噂は本当?

「竜星涼」と検索すると多く出てくるひとつが「韓国」と言うワード。様々なプロフィールなどを見てみてもハーフや韓国人と言う正確な答えは出てこなかったのですがご両親も山形出身で竜星涼さんも山形から引っ越ししてきたことからその噂は、間違いではないかと思われます。

恐らくですがあまりの美肌ぶりに「透明感が半端ない」「顔面が美しい」などの声が続出と寄せられていることから、その説が出てきたのではないでしょうか。確かにどの写真を見ても艶やかなお肌をしていますよね~。

一体どんなスキンケアをされているのか気になりませんか?という事で、竜星さんが心がけている美の秘訣を調べてみました。

竜星涼さんの美の秘訣

https://pin.it/4ubDMu0
  • バスタブにお湯を張りゆっくり入浴、その後は必ずストレッチ(ストレッチ中にたまにパック)
  • 短時間だとしても上質な睡眠をとる
  • 朝晩共に洗顔料、化粧水、美容液、乳液を使いスキンケアを怠らない
  • 毎日豆乳を1日1杯飲む
  • 健康的な食べ物を取り入れ内側から綺麗になるように心がける

年齢に抗うのではなく寄り添うのが僕の理想」ともおっしゃっていました^^

毎日忙しい中でここまで気を付けられているのがさすがだなと感じたのと同時に自分の美意識の低さに痛感しました~。美は、1日にして成らずですね。

VOGUEなどで美容に関して語られていたので抜粋させていただきました。詳しくは、「VOGUE」をご覧になってみて下さい。

出演経歴

素直になれなくて・ 高橋正文 役(2010年)

俳優デビュー作は、上野樹里さん主演のドラマ「素直になれなくて」です。上野樹里さん扮する水野月子の生徒役の1人の高橋正文役でちょろっと出る役でした。

「素直になれなくて」は、当時登場したばかりのツイッターを題材にしたことで話題となったドラマでツイッターを通して知り合った、男女5人の青春群像劇となっています。芸能事務所に入ってからわずか3カ月後のことでまだ初々しさが感じられますよね。

ハンマーセッション!広瀬巧海 役(2010年)

速水もこみちさんと志田未来さんのダブル主演のドラマ「ハンマーセッション!」に出演。八津弘幸氏の漫画が原作の作品で、逃亡中の詐欺師が教師になって生徒達の問題を解決していく学園ものです。このドラマには、若き日の菅田将暉さんや野村周平さん、山下リオさんなどが出演していました。

ハンマーリレーブログより

桜蘭高校ホスト部・猫澤梅人 役(2011年)

桜蘭高校ホスト部という名前ではあるものの竜星涼が演じるのは黒魔術部部長の猫澤梅人という独特な一風変わった役を演じ切りました。

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年2月17日 – 2014年2月9日)主演・桐生ダイゴ / キョウリュウレッド、岩泉猛志ノ役

「獣電戦隊キョウリュウジャー」は、恐竜をモチーフにしたキャラクターでサバンナを踊りながら変身したり劇場版では、ミュージカルの要素を取り入れるなど、今までとは一味違うスーパー戦隊ものです。危険なアクションシーンでもスタントを使わずに挑戦し、見事に撮影をこなしました。

女信長 ・ 森蘭丸 役(2013年4月5日・6日)

織田信長の生涯を描いた作品ですが、実は信長は女であったという仮説の元につくり上げた戦国物語だそうです。竜星さんが演じたのは、森蘭丸。信長のお気に入りであり、美少年として有名な人物で竜星さんにピッタリの役どころでした。

orange・弘人役(2015年)

高野苺の人気少女漫画を実写化する映画「orange」菜穂に思いを寄せながら二人の恋を応援する弘人役で竜星涼。10年後の自分から転校生の翔が1年後に死んでしまうことが書かれた手紙を受け取った高校生の菜穂が、運命を変えるために奮闘する様を描く青春ラブストーリー。

原作コミック第1巻の表紙ビジュアル(C)2015「orange」製作委員会(C)高野苺/双葉社
sami
sami

漫画でも人気があり、私も何度も見たのですが涙なしには見られない、胸が苦しくなるような切ないストーリーなんですよね~

泣き虫ピエロの結婚式・秋山陽介役(2016年)

日本感動大賞第4回大賞を受賞した実話を書籍化した望月美由紀の同名小説を芹澤佳奈美役を志田未来と秋山陽介役を竜星涼の主演で映画化。幸せな結婚からわずか50日で最愛の夫の死という悲しい別れを経験した夫婦の出会いと純愛の行方を描いたストーリーです。

予告編だけでも思わずジーンと来てしまいました。

こえ恋・生徒会長の兵頭誠役(2016年)

どーるる氏の漫画の実写化で永野芽郁さん主演のドラマ「こえ恋」。女子高生の吉岡ゆいこと、いつも頭から紙袋をかぶっているクラス委員長の松原との交流を描いた作品です。

竜星さんが演じたのは、堅物でまじめな生徒会長の兵頭誠役。人の恋には口を出せても、なかなか自分の恋には奥手になってしまう不器用でピュアな役どころを演じました。

sami
sami

なんともピュアで心がポッと温かくなるようなほのぼのストーリーに癒されてしまいますよ!

ひよっこ(2017年)/ひよっこ2(2019年3月25日、28日))綿引正義 役

有村架純さんがヒロインの「谷田部みね子」を演じた大人気連続テレビ小説ひよっこ。その中で警察官として勤務する綿引正義役を演じました。茨城県出身のなまりのある役どころにかなり苦労されたそうです。

警察官・綿引正義役を演じる竜星涼(C)NHK

君と100回目の恋(2017年)直哉役

シンガー・ソングライターのmiwaと坂口健太郎が主演を務めるラブストーリー『君と100回目の恋』で、同じバンド仲間・直哉を演じました。

超人気映画「トイ・ストーリー4」吹き替えに初挑戦フォーキー役(2017年)

アニメ映画「トイ・ストーリー4」での声優として物語の重要キャラクターであるフォーキーを全力で演じきりました。ウッディ役の唐沢寿明さんにも絶賛されたそうです。初挑戦とは思えない程、しっくり来ていて竜星さんの声と言われないと気づきませんでした!

フォーキー役(C)2020 Disney/Pixar

オトナ高校(2017年10月14日 – 12月9日) 山田翔馬 役

異性との性経験がない30歳以上の男女が高校に集まり性や恋愛について学ぶという設定で主演・三浦春馬さんをはじめとするキャスト陣のインパクトある演技が話題になりました。そんんな同作で演じるのは、「やらみそ=ヤラないまま三十路」たちが集まる大人高校で生徒たちの担任教師を務める山田翔馬役を演じました。

アンナチュラル(2018年1月12日 – 3月16日、TBS) – 木林南雲 役[33]

石原さとみさん主演で大ヒットしたドラマ「アンナチュラル」に出演。竜星さんは、木林南雲という葬儀屋の役でした。グラサンをかけて怪しい雰囲気で存在感抜群の演技で注目されます!

同期のサクラ(2019年10月9日 – 12月18日、日本テレビ)清水菊夫 役

主人公の同期のサクラこと、北野桜を演じるのは高畑充希さん。10年間の話を1年間、1話として描いていくドラマです。竜星さんが演じる清水菊夫は、大学では応援部出身で、仲間や頑張っている人の力になりたいと思っている、熊本出身のアツい男という役柄でした。

テセウスの船(2020年1月19日 – 3月22日、TBS) – 長谷川翼 役

東元俊哉氏の漫画が原作で、昔起こった連続毒殺事件を巡り、父と子が過去を変えようと事件の謎に立ち向かっていくミステリー作品。竜星さんが演じたのは、謎の新聞配達員・長谷川翼役です。

ぐらんぶる・伊織役(2020年)

人気マンガを英勉が実写化した本作は、ダイビングを題材にした青春コメディ。竜星涼(伊織)と犬飼貴丈(耕平)がダブル主演を務めました。

出演シーンがほぼ裸と言うかなりインパクトある映像が印象的で見ている側がソワソワしてしまう~、と思っていた方も多いのではないでしょうか。裸姿を惜しげもなく披露しており、ここまで振り切った演技ができるのがさすがだなと思いました。

ちむどんどん(2022年)比嘉賢秀 役

比嘉4兄妹のニーニーこと長男の比嘉賢秀 役を演じています。自由奔放で勉強が苦手で素行も悪い、しかし心優しい家族思いな部分もあります。家族の為にと挑戦をするものの、かえって迷惑をかけてしまう存在でもあります。

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で比嘉賢秀 役を演じる竜星涼さん(C)NHK

パリコレにも出演経験あり!

超小顔な上に身長が183cmで股下90cm、体の約半分が足と言うTheモデル体型を活かし、2016年と2017年2年連続でパリコレに主演しました。股下90cm越えの芸能人で他にも例をあげるのであれば、富永愛さんや速水もこみちさんでしょうか。

兎にも角にも羨ましい程、スタイル抜群なのは、言うまでもありませんよね。竜星涼さんのインスタグラムにお写真が載っていたので拝借させていただきました。

まずこちらは1度目のパリコレ「Yohji Yamamoto HOMME 2016-2017AW Paris Collection」

もともと「ヨージ・ヤマモト」が好きだったそうで仲の良いプレスの方から、オーディション話が舞い込んできたとの事で英語もフランス語も話せないものの単身でフランスへ飛んだとのこと。

依頼をされたわけではなく、受かるかも分からない状態で自腹で乗り込んだそうで「身体が勝手に動いて、いつの間にかパリにいた」と振り返っていました。 

sami
sami

当たり前ですがドラマで見せる表情とまったく違い、写真からも凄いオーラを感じますよね。

思い立ったら動ける行動力も素晴らしいですが日々、努力を重ね準備をしているからこそいざというタイミングでチャンスを掴み取ることができるのだなと感じました。幼い頃に夢見ていたフランス留学という夢も違う形ではあるものの実現できたのではないでしょうか。

そして2回目は、2018年にドルチェ&ガッバーナからダイレクトにオファーを受け、「ミラノコレクション2019年春夏コレクション」に出演!

sami
sami

あぁ~なんと神々しいんでしょう…完全に目の保養として見入ってしまいました~!

まとめ

いかがでしたた?かっこよく綺麗な見た目のイメージとドラマで見せる幅広い役柄での印象の差に「カメレオン俳優」という声も寄せられているのも納得できますよね。年を重ね、さらに味が出てくる俳優さんになるのではないでしょうか.

今後の竜星涼さんのご活躍も楽しみです。最後までご覧頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。