三浦宏規の経歴とプロフィールは?ミュージカル界の若きスターが魅せる2.5次元舞台の世界!

sami
sami

こんにちは。sukimaniを運営しているSamiです!

舞台やミュージカルで大活躍されている裏側では、数えきれない努力や葛藤がありました。そんな様々な経験を乗り越え、今や歌にダンスと幅広い演技で多くの人を惹きつける魅了はどこからきているのでしょうか。

今回は、そんな「ミュージカル界の若きスター」と言われる三浦宏規さんの経歴や魅力についてご紹介していこうと思います。

プロフィール

<公式サイト> https://www.miurahiroki.com/
名前三浦 宏規(みうら ひろき)
生年月日1999年3月24日(23歳)
出身地三重県桑名市
身長178㎝
血液型A型
職業俳優、ダンサー
趣味野球、花、植栽(生花など)、ショッピング
特技バレエ
事務所ウィルビー・インターナショナル

バレエの実力は?

三浦宏規さんと言えばバレエのイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか?舞台や公式SNSなどでも美しいバレエを披露しているのを良く見かけていたので少しまとめてみました。

5歳のときに熊川哲也さんが出演するDVDを見て、クラシックバレエを習いたいと両親に言ったのがバレエを始めたきっかけだそうです。バレエ教室に通い、様々なコンクールにも参加し経験を積んそうです。

その後、小学生の頃に「越智インターナショナルバレエ」に入団し、中学卒業後に上京。14歳のときに出場したバレエコンクールで審査員をしていた煌ダンスカンパニーの芸術監督・上田遥さんにスカウトされたことがきっかけで「煌ダンスカンパニー」に所属するようになりました。

  • 2011年 第21回全国バレエコンクール in Nagoya 男子ジュニアA部門 東海テレビ放送賞
  • 2012年 第22回全国バレエコンクール in Nagoya 男子ジュニアA部門 第1位
  • 2015年 第18回NBA全国バレエコンクール コンテンポラリー部門 第3位

三浦宏規さんの魅力は?

前文でも書いたように幼い頃からのバレエ経験から得た、指先からつま先に至るまでの表現力の美しさが大きな魅力ではないでしょうか。178㎝と高身長で手足の長さやスラッとしたスタイルの良さも表現者として大きな武器でもありますよね。

そして私が記事を書いてる中で感じたのが素直だからこその役に対しての向き合い方。あと何より可愛らしさの残る屈託のない笑顔と時折見せるクールな表情にもやられてしまいますよね。

もう…この上遣いなんて反則じゃないですか?

<公式Twitterから>
<公式Twitterから>
sami
sami

はい、クールにキメているのもかっこいい。。。

母性本能をくすぐる可愛さとクールさをかねそろえていますよね。このまま魅力を書き続けたいところですが止まらなくなってしまいそうなのでここまでにしておきます。次は、華麗なる経歴をご紹介していきます。

経歴

煌 project vol.0 「上田遥30周年記念特別公演」でデビュー (2013年)

「ハムレットの物語」 主演 (2014年)

「Rock Ballet 義経」主演・源義経役(2015年)

殺陣や扇子、フラメンコ、歌と初めて連続の中、演じきった「Rock Ballet 義経」という作品。孤独と寂しさが見え隠れするような源義経という役柄を若干15歳という若さで挑んだ三浦さんにとって大きな成長になった作品の一つではないでしょうか。

15歳でここまでストイックに役を演じられるのは、本当に素晴らしいですよね。

ONE PIECE LIVE ATTRACTION モンキー・D・ルフィ役 (2015年、2016年)

大ヒット漫画「ワンピース」の主人公・ルフィを演じました。楽観的で好奇心旺盛である役柄のルフィにピッタリなとびっきりの笑顔とエネルギッシュな演技に心持っていかれた方も多いのではないでしょうか。義経からガラッと雰囲気の変わるキャラクターにもなりきれてしまう演技力の幅もさすがですよね。

ミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズン 跡部景吾役 (2016年~2020年)

週刊少年ジャンプにて連載された許斐剛による中学校の部活動テニスを題材とした作品です。そこのストーリーの中で氷帝学園中テニス部200人の頂点に立つ、オールラウンダーの中のオールラウンダーと呼ばれる剛腕プレイヤーの跡部景吾を演じました。

思わず「氷帝~氷帝~」と、氷帝コールをしたくなってしまうシーンがたくさんあり見ごたえありました。

実は、私も調べて分かったのですが漫画上の跡部部長と同じ身長とのことでした。

sami
sami

中高テニス部だった私は、漫画を全巻集めるほどドハマりしたテニプリことテニスの王子様!部長の得意技「破滅への輪舞曲(ロンド)」は何度も真似した思い出があります^^

ミュージカル「刀剣乱舞」髭切役(2017年~2020年)ミュージカル「陰陽師」~平安絵巻~ 源博雅役 (2018年)

殺陣、ダンス、芝居と、朝から晩まで10時間以上稽古があり、13日の稽古期間で体重が4、5キロ落ちたそうです。「刀剣乱舞」の髭切役としての見どころは、何と言っても長年のバレエで培ったしなやかさのあるダンスではないでしょうか。

瞬きするのも惜しい程のパフォーマンスに思わず見入ってしまいました。個人的には、この時の衣装がとても萌えるポイントの一つだったのですがファンの皆さんはいかがでしたか?

<高野洸さんの公式Twitterより>

ミュージカル『レ・ミゼラブル』マリウス役(2019年、2021年)

原題「Les Miserables]の意味は、「悲惨な人々」や「哀れな人々」と言う意味だそうで、たった1本のパンを盗んだために19年も牢獄で生活することになってしまったジャン・バルジャンのお話。そんな物語の中盤から登場し、一瞬でコゼットと恋に落ちるマリウス役を演じました。

歌で進行するミュージカルの『レ・ミゼラブル』でセリフではなく歌だけで心情を表現することへの難しさに向き合った経験があると語られていました。

ミュージカル「レ・ミゼラブル」より、マリウス役の三浦宏規(写真提供:東宝演劇部)

日本のレミゼ史上最年少の20歳でマリウス役を演じたときは、まだ幼さを感じたのですが2年たった演技は、一皮むけ魅力が増したように見えました。

ミュージカル「GREASE」ダニー役(2021年)

初演から50年たった今でも世界中で再演が繰り返されている大人気青春ミュージカル。夏休み中に出会い、サンディーと恋に落ちるダニー役を演じています。

人生で一度しか通らない青春時代…「こんな恋をしてみたかったな」と、ふと記事を書きながら思ってしまいました。キレキレのダンスや心を奪われてしまう歌唱力も見どころの一つですね。

思わず踊りだしそうになってしまったのは、私だけではないかと思います!まだ見たことない方は、ぜひ下のYouTubeページからご覧になってみて下さいね。

<公式Twitterより>

舞台「千と千尋の神隠し」ハク役(2022年)

神様が訪れる油屋で魔女の湯婆婆の元で働く独特の雰囲気を放つ美少年・ハクを演じています。今回ダブルキャストとして醍醐虎汰朗さんと演じています。2人の表現する違ったハクの演技も見ものかと思います。千尋との身長差にトキメイテいる方も多数いるようです。

くうぅ〜、ドキドキせずにはいられませんよね~!!!

舞台『Oh My Diner ~踊るぶんぶん狂想曲~』を2022年7月に上演予定 プリンス役

ストーリーは、アメリカ・マンハッタンにあるダイナーを舞台とし、そこで働くスタッフ、店に集まる多彩な常連客など、個性豊かなメンバーが繰り広げる完全オリジナルのシチュエーション・コメディー。1 部はお芝居、2 部は歌とダンスの華やかなライブショーの二部構成とのこと。

2020年大好評だった舞台がパワーアップして戻ってきたとのことで今回もプリンス役を演じる三浦さんをはじめ、どんな構成になっているかが楽しみですね!

最後に

いかがでしたでしょうか?2.5次元だけど2.5次元を超えたパフォーマンスを見せてくれる三浦宏規さんの創り出す世界観に惹き込まれていく方も多いのではないでしょうか。歌やバレエ、お芝居とこれからの活躍にも目が離せませんね。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。