都内でヴィーガンランチするならココ!ゆるべジがオススメする美味しくて居心地良いお店4選

Umi
Umi

複数ある記事の中から目を止めていただきありがとうございます。当サイトを運営しております、年250件出張族トラベラーのUmiです。この記事は、実際に足を運んだオススメのお店を私のリアルな感想を元にお届けしています!

皆さんは、ヴィーガンカフェと聞くと、どんなイメージがありますか?「意識高い方ばかりいそう」や「豆やサラダばかりで物足りなさそう」、それ以外にも「100%ヴィーガンじゃないのに行っていいのかな?」そんな風に行くのをためらってしまう方も中には、いるのではないでしょうか。

というわけで今回は、初めての方にも行きやすく、アットホームな接客スタイルで居心地良いオススメのお店をご紹介します。

Loving Hut

地下鉄・東京メトロ 神保町駅から徒歩7分

内観/外観

神保町駅から出て、白山通りを水道橋駅方面に歩いて行くこと数分、カフェグローブの角を右に曲がるとお店が見えて来ます。お店は、ピンクっぽい外壁のビルの2階にあります。

店内に入ると、フレンドリーなオーナーさんが出迎えてくださり、アットホームな空間にほっと心が温かくなります。入って右側には、パック詰めされたお惣菜やご飯物が12品ほど並び、店内で頂く場合は先に注文してから席に着きます。

全種類制覇したくなるほど、どれも美味しそうでした。

以前はブッフェなどしていたそうですが現在はコロナに伴い、店内での食事は、人数制限されているので数人で行かれる際は、テイクアウトをオススメします。

Loving Hut はこんなお店

店名のLoving Hut は、「ラビングハット」と読みます。台湾出身の素敵なご夫婦が作る台湾流の本格的な手作り点心の数々が楽しめます。化学調味料や白砂糖、アルコールも一切不使用で、ノンベジタリアンの人でも満足できる地球環境と身体に優しいオールヴィーガン料理を提供しています。

メニュー内容

  • ビーガン蒲焼重 800円
  • 黒酢チャーシューまん 
  • 野菜まん  2つで400円
  • 焼き餃子(五葷なし) 600円
  • ガーリック唐揚げ 500円
  • 薬膳スープ 300円(イートインのみ)

手作りにこだわった食事

こちらは、「ビーガン蒲焼重

大豆や蓮根などから出来ているそうですが見た目からも、まるで鰻の蒲焼の様でした。甘辛いタレと山椒の香り、そしてほんのり香ばしさも合わさり、驚きの1品でした。

裏側に海苔が付いていることで磯の風味や食感が増して、ご飯が進みとても美味しかったです。

黒酢チャーシューまん」と「野菜まん

1つずつ食べたいとお伝えしたところ、セットにしてもらえました。どちらも、もっちもちとした弾力ある皮に具材がぎっしり詰まっていています。

Umi
Umi

小腹が空いたときにも丁度よさそうなサイズ感でした。

椎茸の香りとしっかりめの味付けが絶妙で何個でも食べたくなってしまう美味しさの黒酢チャーシューまん

綺麗な黄緑をしたこちらは、優しい味付けの野菜が詰まった野菜まん

<醤油やラー油なども置いてありました>

台湾の美味しいお茶が頂ける

台湾に行った事がある人ならきっと耳にしたことがであろう、「東北美人」と言う台湾の貴重で美味しいお茶が自由に飲めるのも嬉しいポイントでした。

Umi
Umi

台湾好きには、テンション上がるポイントかと思います!

とってもリーズナブルな価格で本格薬膳スープも頂けました。こちらは、テイクアウトはできずイートインのみなのでお気を付け下さい。

どのメニューも本格的でヴィーガンと言われなければ、気づかない味付けでした。海外のお客さんも多いそうで国内外の幅広い客層からリピーターが訪れる人気店だと言うのも納得できました。

現在営業日が少なくなっていますがぜひタイミングが合えば、足を運ばれてみて下さい。

店舗情報

住所東京都千代田区神田神保町1-54 岡田ビル 2F
営業時間11:00〜18:00
電話番号03-5577-6880
定休日現在金土以外は、定休日
席数8席(カウンター4席 テーブル4席 )
支払い現金のみ
駐車場なし
Instagramhttps://www.instagram.com/lovinghutjp/

ミケとマロ(現在マロさんの方は営業終了)

東急目黒線 奥沢駅から徒歩10分程

田園調布駅から徒歩10分程

内観/外観

住宅地の中にある少し内側に入ったシンプルなデザインの外観。店内は、コンクリート打ちっぱなしの天井と壁、床に対してカウンターやテーブル席、棚は木製で統一感があります。

飾ってある雑貨や絵などは、2021年末に瀬戸さんがインドで出会った、手仕事の数々だそうです。

ミケとマロはこんなお店

駒澤大学近くで営業されていたmiqueさんが奥沢に移転し、料理人村山カイさんを迎えて「ミケとマロ」としてリニューアルオープンしたお店です。なので1店舗で日により、全く違うジャンルのヴィーガン料理がいただける営業スタイルをしています。

火曜〜金曜「ミケ」

瀬戸恵子さんのヴィーガン和食

土曜、日曜「マロ」

村山カイさんのヴィーガンカレー(5月1日で期間限定シェフを終了とのこと)

二人の出会い

村山さんのアルバイト先であるヴィーガンカフェでお客さんだった瀬戸さんと意気投合したのがきっかけで一緒にお店をすることになったとの事。

それぞれのこだわり

「ミケ」

地球で暮らす全ての命に優しい食のあり方を提案したいと考えています。動物性食材や添加物を使わず伝統的な製法で作られた調味料のみを使って、農薬を使わず自然な農法で育てられた野菜を使ってごはんを作っています。

「マロ」

野菜は、農薬不使用や自然栽培のものにこだわり、農家さんから直接仕入れています。仕入れた野菜によってどんなスパイスが合うか、どんな味付けにするかを考えているとの事で毎回違うカレーが頂けるのもポイントです。

メニュー内容

「ミケ

  • プレート1800円
  • デザート 550円
  • ドリンク 500円

ミケさんのヴィーガン和食

この日のメインは、じゃがいものコロッケ。蕗の薹の天ぷらや副菜が数種類ついたワンプレートになっています。見ても食べても楽しめるボリューム満点のお食事が頂けます。

マロさんのヴィーガンカレー

  • 雑穀コフタとネギのカレー
  • ケララシチュー
  • 菊芋とドライフィグのマリネ
  • ヤーコンとオレンジのサラダ
  • 青大豆のフムス
  • パパド(お米のお煎餅)
  • ご飯(インド米と日本米のブレンド)

コフタとは、中東つくねの事を言うそうでこれは、雑穀でできているそうです。ピリッとスパイスが効いていました。もう一方は、南インドで食べられるケララシチュー。豆乳をベースとしており、こちらはマイルドな味。

食べ方を聞くと、全て混ぜて食べて下さいとのの事だったので混ぜながら頂いてみると、味の広がりが面白い。単体で食べると個々のパンチを感じるのだけど、合わせる事で何とも食べたことのない味や風味の化学反応が生まれるようでした。

辛みを感じたかと思うと苦味、コク、酸味、旨味が後から追ってくるような不思議な感覚でどんなスパイスが使われているか興味深く、思わず質問責めをしてしまいました。個人的には、菊芋とドライフィグのマリネとコフタが特に好みでした。

ここでしか食べられない、野菜の組み合わせやスパイスの使い分け。その発想力は、本場インドでカレーを半年程で1000食以上食べ歩いた経験からとのこと。

軽い気持ちで参加したヨガとインドカレーのワークショップでインドカレーの魅力にハマり、インドまで足を運び食べ歩いたのだそうです。村山さんの創り出す、本格的だけど独自性のあるカレーと、爽やかで素敵な人柄に惹かれてリピートする方が多いんだなと感じられました。

店舗情報

住所東京都世田谷区東玉川2-41-17 パークスワロス 1F
営業時間12:00~16:00
電話番号080-7955-4361
予約可否予約可
席数8席(テーブル 1卓、カウンター 4席)
定休日現在不定休な為、行かれる際はお問合せ下さい
駐車場なし
禁煙・喫煙全席禁煙
ミケInstagramhttps://www.instagram.com/mique_tokyo/
マロInstagramhttps://www.instagram.com/maro._tokyo/

Vege++ Coffee

東京メトロ東西線早稲田駅から徒歩2分

内観/外観

お店の目の前がコインパーキングなので車が止まっていると気づかずに通り過ぎてしまいそうですが「Cafe VG」の文字が書いた一軒家風の建物の横にある道を通り中に入ります。

店内は、古民家風な造りになっており、席は屋根がある外と室内とで分かれています。席数は、そこまで多くないですが席の間隔が広いのでゆったり過ごす事ができます。

<屋根ありの屋外席はこんな感じです!>
室内は4人掛けのソファ席とテーブル席が数席あります。

Vege++ Coffeeってどんなお店?

ヴィーガンでもそうでない人も一緒に食べれる様に選択できるメニューがあります。ちょうどコロナの中でオープンしたお店なのもあり、少しでもお客さんにリラックスしてもらえたらとの事でゆったりしたハワイアンミュージックを流しているとのことでした。

看板犬のラテちゃんがお出迎えしてくれます。店内のゆったりした雰囲気に合うような、穏やかなで人懐っこいラテちゃんは、お客さんの近くに行ったりお昼寝をしたりと自由気ままに過ごしていて、見ているだけでも癒しになりました。

Umi
Umi

あまりの可愛さにラテちゃんファンも多いのではないでしょうか?

メニュー内容

  • ベジトタコライス 1050円
  • 酵素玄米プレート 1250円
  • 本日のオススメ 1350円〜
  • 台湾屋台焼き 750円
  • 季節のブレンド 650円
  • カフェラテ 550円
  • 黒糖ラテ 600円
  • ジャスミンティー 550円
  • ルイボスティー550円

メニューによって、ヴィーガン対応可能のものもあるのでお店の方に尋ねて見て下さい。

こちらは、「酵素玄米プレート」

  • 蓮根とさつまいものはさみ揚げ
  • 長芋と花山葵のおひたし
  • 春菊と干し柿の白和 
  • サラダ
  • 玄米ご飯
  • スープ
Umi
Umi

春菊に優しい干し柿の組み合わせがとても良かったです!

ほっとする優しい味付けの食事に心も体もほっと癒される時間になりました。私が訪れたのがまだ肌寒い時期だったのですが、席の近くにストーブを持ってきていただいたり、白湯を出してくれたりとちょっとした気遣いがとても嬉しかったです。

店舗情報

住所東京都新宿区西早稲田1-1-8
営業時間平日10:00〜20:00
土日祝9:00〜20:00
電話番号電話番号
定休日不定休
席数14席
喫煙・禁煙全席禁煙
備考ぺット同伴可能(リード付き)、Wi-Fiあり
Instagramhttps://www.instagram.com/vegetocoffee/

f.-on

JR各線 新宿駅から10分程

地下鉄 新宿三丁目駅C1出口から徒歩1分

内観/外観

新宿駅を背にしながら歩き、新宿御苑の手前の角を左に曲がるとすぐに新宿ダイアログがあります。雑居ビルの入り口には看板があり、階段を上がった2階にお店があります。

店内は、壁半分が窓になっていて縁側の様な作りになっています。お天気の日は、窓から入る木漏れ日と、吹き抜ける風が心地よくてほっと落ち着く時間が過ごせますよ。

こんなお店

「世界のみんなと、ごいっしょに」をテーマにカフェ、バー、イベントスペースを運営している新宿ダイアログの2階で週4で営業されている「f.-on」。読み方は、エフオンと言います。

自然焙煎珈琲とおやきのお店として「訪れた方が思い思いに時間を過ごせる場所」そんな空間作りをしています。曜日によってオーナーさんが変わるので様々な食事を楽しめるのもポイントです。

お店のこだわりコーヒーについて

カビ豆や未成熟豆をハンドピックで取り除き、生豆の状態で50度のお湯で洗い残留農薬や輸送中の埃を落としています。 更に焙煎後にも丁寧にハンドピックをしている事で珈琲は、えぐみなく胃もたれすることもない、すっきりした味わいになっています。さらに f.-onでは出来る限り、国産、無農薬の食材を使用しています。<公式HPより>

メニュー内容

  • 本日のおやき4種 400円〜450円
  • みそ汁 300円
  • 自家製焙煎珈琲 600円
  • 薬草茶 550円
  • 自家製ジンジャーエール 650円
  • 自家製チャイ 650円

Vマークはヴィーガンです

オススメのおやき

私が頼んだのは、「切り干し大根のおやきとお味噌」

もちっとした皮に包まれた切り干し大根。味や食感がちょうど良く、小腹がすいたときにもオススメです。具沢山の味噌汁も野菜の甘味が感じられとても美味しかったです。

こちらは、「りんご豆乳小豆」

優しい甘さのとろっとした豆乳クリームにりんごの食感と小豆がいいバランスでおやつにぴったりです!

コーヒーは、インドネシアのスマトラワイン。ふわっとワインの風味が香る珍しいコーヒーで酸味が弱く、奥深さのある味わいでした。

三鷹にて焙煎教室

趣味から仕事として焙煎をしてる方向けのレベルに応じた焙煎教室や貸し焙煎もしているそうです。場所は、三鷹駅から徒歩6分にある焙煎ルームで行っているそうなので気になる方は開催日や料金等、HPより問い合わせてみて下さい。

SDGsの取り組み

ドリンクを注文すると売り上げの中から50円分のチケットが配布され、それがSDGsの寄付にあてられているとのこと。国連が決めた持続可能な世界を作るために今世界中で取り組んでいる、17の目標の中から自分で寄付したい項目を選びチケットを入れます。

入れたチケットは、テーマごとのNPOなどの団体へ寄付される仕組みになっているそうです。ひとりひとりがこの先の未来に目を向け行動し、選択するきっかけにも繋がると良いなと思います。

不定期でイベントの開催

ヴィーガンをテーマにした体に優しいパンやお弁当、お菓子などが集まるマーケットやライブなども不定期で開催していりので詳しくはお店のインスタグラムからご確認ください。3階の貸しスペースでも展示会なども行ているのでタイミングが合えば、覗いてみて下さいね。

店舗情報

住所東京都新宿区新宿3丁目1-32 新宿ビル 1号館2階
営業時間11:00~17:00
電話番号03-6380-1256
定休日月、水、土
席数12席
喫煙・禁煙全面禁煙
駐車場なし
Instagramhttps://www.instagram.com/akkofon/
公式ホームページhttp://www.f-onkitchen.com/f.-on/home/index.html

最後に

いかがでしたでしょうか?こだわりの食事はもちろんですがアットホームな空間やほっと心が温まる接客を感じられるオススメのお店をご紹介しました。おひとりでも友達同士でも利用しやすいのでぜひ、東京でヴィーガンカフェを探されている方の選択の一つになったら嬉しいです。最後までご覧いただきありがとうございました。

※記事内の情報は執筆時点のものです。営業時間、メニュー等は正確な情報と異なる場合がございますので、最新情報は直接店舗にお問い合わせください。

  • この度、インスタグラムのアカウントと写真のサイトへの掲載を許可して頂いた、「ラビングハット」様、「ミケとマロ」様、「Vege++ Coffee」様「f.-on」様に感謝致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。